sE Electronics SE8 楽器収録に最適なスモールダイヤフラム・コンデンサーマイク

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

sE Electronics ( エスイーエレクトロニクス ) 社が、楽器収録に最適なスモールダイヤフラム・コンデンサーマイク「SE8」を発売します。

SE8は、特に楽器収録に最適なスモールダイヤフラムタイプのコンデンサーマイクです。SE5の後継モデルで、マイクのセッティングが容易なコンパクトなサイズになっています。マクロフォン単体の他、ステレオマッチングされたペアセットも同時に発売されます。

主な特長

SE8は様々な楽器の収録に最適なスモールダイヤフラムコンデンサーマイクで、新たに設計されたカプセルによって、完全にバランスのとれたサウンドを収録できます。このクラスでは類を見ない高いダイナミックレンジとSPLを誇り、さらには3段階で切り替えられるアッテネーションパッドスイッチとローカットスイッチも装備し、あらゆるソースでも驚くほどの柔軟性を発揮。スタジオでもステージでも様々な用途にお使いいただけます。

ハンドメイドによる金蒸着カプセル

SE8専用にカスタム設計されたカプセルは、他のsE Electronics社製コンデンサーマイクと同じく、カプセル組み立て専用ルームでハンドメイドによる組み上げと調整が行われています。同価格帯のはるか上を行くパフォーマンスを実現し、新に採用されたバックプレートデザインによって、スムーズでバランスのとれたサウンドを得られます。

高いパフォーマンスの電子回路

最短距離の配線、ディスクリート構成、最適に設計されたClass-A電子回路によって、SE8は市場に於けるスモールダイヤフラムコンデンサーマイクの中でも最も「静かな」マイクです。

2段階のパッドスイッチ

  • 10 dB/-20 dBの2段階で切り替えられるパッドスイッチにより、大音量のソース、例えばドラムやギターアンプキャビネットでも最適な音量と音質で収録できます。

2段階のローカットフィルター

80 Hz/160 Hzの2段階の周波数ポイントで切り替えられるローカットフィルターを搭載。カーディオイドパターンのマイクで起こりやすい近接効果を軽減したり、他のソースからの低音部の「被り」を回避します。

仕様

  • タイプ:トゥルーバイパスコンデンサー
  • カプセル径:20 mm
  • 指向性:カーディオイド
  • 周波数特性:20 Hz – 20 kHz
  • 感度:25 mV/Pa (-32 dBV)
  • 最大音圧レベル:139 dBSPL(PAD=0、0.5% THD @1 kHz)
  • 等価ノイズレベル:13 dB (A)
  • ダイナミックレンジ:126 dB(PAD=0)
  • S/N比:81 dB
  • ローカットフィルター:80/160 Hz切り替え、6 dB/Oct
  • パッド:10/20 dB切り替え
  • 動作電圧:48 Vファンタム(IEC 61938準拠)
  • インピーダンス:110 Ω
  • 推奨負荷インピーダンス:1 kΩ以上
  • 消費電流:2.7 mA
  • 接続端子:3ピンXLR(オス)
  • 外形寸法:23 mm×120 mm(直径×長さ)
  • 重量:141 g(1本)
  • 付属品:マイククリップ、ウインドスクリーン、ステレオマウントバー(SE8PAIR)、フライトケース(SE8 PAIR)

写真(下)はSE8 PAIR(同じ特性の2本のSE8を選別したステレオペアセット)

発売日

2017年9月25日(月)

販売価格

SE8(エスイーエイト)

(税抜)¥23,400 (税込 ¥25,272)
JAN コード: 4530027259205

SE8 PAIR(エスイーエイトペア)※同じ特性の2本のSE8を選別したステレオペアセット

(税抜)¥45,000 (税込 ¥48,600)
JAN コード: 4530027259212

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ