7.1ch、ステレオソース対応のアナログ・スタジオ・モニタコントローラ SPL SMC 7.1

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

SPL electronics ( エスピーエル )が、7.1chサラウンドやステレオソースに対応したアナログ・スタジオ・モニタコントローラ「SPL SMC 7.1」を発売します。

「SMC 7.1」は、2つの7.1chバランス入力と2つのステレオ入力のそれぞれを7.1出力にルートしたり、アクティブ状態のL/R入力信号をALTステレオ出力に切り替えて送ることもできます。高品質なヘッドフォンアンプを使用することで、アクティブなL/R信号だけでなく、7.1chのシングル・チャンネルの音も聴くことができます。8連のポテンションメーターは、VCAのような回路を使用せず、全てのチャンネルのボリュームをダイレクトに制御します。SMC 7.1は、最高100kHzのリニアな周波数特性と優れたダイナミックレンジを可能にする高品質なアナログ技術で組み上げられています。

主な特長

  • 2つの7.1chバランス入力
  • 2つのステレオ・バランス入力
  • 7.1chバランス出力
  • サブ出力付きのステレオ・バランス出力
  • 多様なルーティング・オプション
  • Solo in Place / Solo to Center機能
  • 高品質ヘッドフォンアンプ
  • アナログ・メーター出力
  • インターナル・パワーサプライ
  • Made in Germany

技術仕様

  • 入力
    • D-sub 25ピン入力
      • D-sub 25ピンTASCAMピン配列
      • インピーダンス: 20kΩ
      • CMR: -82dB
      • 最大入力レベル: +22dB
    • XLR入力
      • Neutrik XLR, Pin 2 = (+)
      • インピーダンス: 20kΩ
      • CMR: -82dB
      • 最大入力レベル: +22dB
  • 出力
    • D-sub 25ピン出力
      • D-sub 25ピンTASCAMピン配列
      • 周波数特性: 10Hz to 150kHz(-3dB)
      • クロストーク@1kHz: -92dB
      • THD+N: 0.001%(0dBu, 1kHz, 100kΩ負荷)
      • Noise (A-weighted): -93 dB
      • ダイナミックレンジ: 115dB
    • XLR出力
      • Neutrik XLR, Pin 2 = (+)
      • 周波数特性: 10Hz to 150kHz(-3dB)
      • クロストーク@1kHz: -92dB
      • THD+N: 0.001%(0dBu, 1kHz, 100kΩ負荷)
      • Noise (A-weighted): -93 dB
      • ダイナミックレンジ: 115dB
    • ヘッドフォン出力
      • 6.35mm TRSコネクタ
      • Pin: Tip = Left, ring = right, sleeve = GND
      • インピーダンス: 22Ω
      • 周波数特性: 10Hz to 80kHz (-3dB)
      • THD+N: 0.001%(0dBu, 1kHz, 40Ω負荷)
      • Noise (A-weighted): -93 dB
      • ダイナミックレンジ: 113dB
  • 内部動作電圧
    • アナログ: +/-18Vパワーサプライ
    • メイン電圧: 230/115VAC 50/60Hz
    • ヒューズ: 230V = T500mA; 115V = T1A
    • 消費電力: 最大25VA
  • 寸法:W 278 x H 103 x D 333 mm
  • 重量:4.1kg (本体のみ)

発売日

2017年7月18日

販売価格

SMC 7.1

(税抜)¥209,000 (税込 ¥225,720)
JANコード:4260149321732

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ