Bluetoothレ シーバー機能搭載の業務用CDプレーヤー TASCAM CD-200BT

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

TASCAM ( タスカム )が、Bluetoothに対応した機器からワイヤレスで様々な形式の音楽ファイル再生が可能な業務用CDプレーヤー「CD-200BT」を発売します。

Bluetooth®に対応した機器からワイヤレスで様々な形式の音楽ファイル再生が可能

CD-200BTは前面に配置されたアンテナを介して、パソコンやスマートホンなど様々なBluetooth®対応機器からの音楽ファイル再生が可能です。

再生できるファイルも送信機器側に依存しますので、iTunesやWindows Media Player、スマートホン用プレーヤーなど再生アプリケーションで再生が可能であれば、どのようなファイル形式でも再生できます。

また、再生速度可変が可能なスマートホンアプリを活用すれば、ダンスなどの用途において再生速度を自在に変更することができます。Bluetooth®再生の場合ワイヤレス接続となりますので、持ち込まれた音源の再生においても新規結線を必要とせず、スピーディに再生を行うことができます。

※送信側の再生ソフトがBluetooth®送信に対応している必要があります。

デバイスセレクト機能搭載、使用する送信機器を予め登録し素早い切り換えが可能

Bluetooth®再生には送信機器とのペアリング設定が必要で、通常1対1でのペアリングのみとなりますが、『CD-200BT』では最大8台までのペアリング設定を登録することが可能。また『CD-200BT』側からペアリングする機器を切り換えることができるデバイスセレクト機能搭載。予め使用する機器を登録しておけば、不慮の接続遮断時もスムーズに他の送信機器に切り換えて再生を行うことが可能です。

また現在音楽を再生している送信機器名をディスプレーに表示することができるので、接続状況を本体のみで確認することが可能です。

  • 再生可能な機器は常に1台のみとなります。
  • 表示される送信機器名は送信機器側で設定された名前が表示されます。
  • 切り換えを行う際、送信機器を接続待機状態にしておく必要があります。

Qualcomm® aptX™コーデック対応、高音質再生

Bluetooth®通信では用途に応じて様々なプロファイルが使用されています。『CD-200BT』では、高音質音楽再生用のA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)に対応し、A2DPの標準コーデックであるSBC(Sub Band CODEC)に対応しています。 加えてQualcomm® aptX™コーデックにも対応しており、送信機器側がQualcomm® aptX™に対応していれば高音質のワイヤレス再生が可能です。Qualcomm® aptX™コーデックはエラー回復機能を持っているため、従来のSBCによる通信よりも音が途切れにくくなっています。

Bluetooth®による音楽再生について

『CD-200BT』で採用しているワイヤレス通信技術Bluetooth®通信では、様々な技術により安定した通信が確立されています。例えば、Bluetooth®通信では2.4GHz帯でのワイヤレス通信となりますが、周波数ホッピングと呼ばれる技術が使われています。これは、送信側、受信側双方で使用する周波数を高速で切り換えることにより、使用する周波数にノイズや妨害電波があった場合でもその周波数を使用する時間がごくわずかであるため、ノイズの影響を最小限に抑え安定した接続を継続することができるようになっています。Bluetooth®はアメリカに本部を持つ学会であるIEEEにて規格化されており、規格名はIEEE802.15.1となっています。

主な特長

高品質自社製オーディオ専用CDドライブを採用

CD-200シリーズでは共通して自社製のオーディオ専用CDドライブを搭載。自社開発のドライブを搭載することにより高い信頼性を実現しました。

数多くの音声フォーマットに対応

オーディオCDだけでなく様々な音声ファイルの再生に対応していますので、どのようなファイルが持ち込まれるかわからない設備音響現場においても安心して使用することができます。

CDドライブ部はCD-DA(オーディオCD)のほか、WAV/MP3/MP2ファイルが書き込まれたデータCDの再生に対応。Bluetooth®により接続された機器が再生/送出できるファイル形式であればすべて再生が可能です。

振動などによる音飛びを回避する10秒のショックプルーフメモリーを搭載

振動などによる音飛びを回避する10秒のショックプルーフ機能を搭載。10秒以内の振動であれば本体メモリーに蓄積したデータを再生するため音切れすることがなくなり、事故を回避できます。

機能一覧

  • Qualcomm® aptX™コーデック使用時は高音質再生が可能
  • Bluetooth®接続でペアリングした送信機器を最大8台まで登録可能、接続中の送信機器名を表示可能(送信機器側で設定された名前が表示されます)
  • Qualcomm® aptX™/AAC/SBCコーデックに対応、使用しているコーデックの表示が可能
  • Bluetooth®(A2DP)では、SCMS-Tに対応し、コンテンツ保護された音声の受信が可能
  • Bluetooth®アンテナを前面側に配置することにより、安定したBluetooth®接続を実現
  • リモコンからペアリングやデバイス選択の操作が可能
  • 高品質自社製オーディオ専用CDドライブを採用
  • 振動などによる音飛びを回避する10秒のショックプルーフメモリー搭載(オーディオCD)
  • CDドライブは、CD-DA(オーディオCD)、WAV/MP3/MP2ファイル(データCD)の再生に対応
  • CDテキストおよびID3タグに対応し、文字情報(アーティスト名、アルバム名、トラック名など)の表示が可能 ※半角英数字のみ
  • 4種類の再生モード(連続再生、ランダム再生、プログラム再生、シングル再生)
  • リピート再生機能
  • 指定したフォルダのみを再生するフォルダ再生機能(データCD)
  • 再生フォルダのスキップが可能(データCD)
  • フォルダリピート再生機能(データCD)
  • トラック経過時間、トラック残時間、ディスク残時間を切り換えて表示が可能(オーディオCD)
  • +/-14%のピッチコントロール機能(オーディオCD/データCD) ※データCD(WAV/MP3)をピッチコントロール再生すると、再生音が途切れる場合があります。
  • 曲のはじめの部分(10秒)を順次再生するイントロチェック機能(オーディオCD/データCD)
  • アナログ出力(RCA端子)およびデジタル出力(COAXIALおよびOPTICAL端子)を装備
  • ポータブルオーディオ機器接続用ステレオミニジャック入力をフロントパネルに装備
  • 2U、EIAラックマウントサイズ
  • 数字ボタンを装備したワイヤレスリモコンを付属
  • ヘッドホンによるモニターが可能
  • RoHS対応製品

発売日

2017年7月下旬予定

販売価格

(税抜)¥55,000 (税込 ¥59,400)

JANコード:4907034122158

「デッキ」タグの関連記事

↑ページトップ