iCON PLATFORM M+ 発売!多くのDAWと連携するコントロールサーフェイス

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

iCON Global ( アイコン・グローバル ) より、DAWソフトによるレコーディングやミキシング、照明のコントロールに便利なコンパクトなコントロールサーフェイス「PLATFORM M+ (プラットフォームエムプラス)」が発売されます。

「PLATFORM M+ / PLATFORM plus」は、コンパクトかつスタイリッシュ、そして、低価格なコントロールサーフェイスとして登場した「PLATFORM M」の後継機です。基本性能はそのままで新たに拡張オプションのポート(4基)を追加しています。

この「PLATFORM M+」は、適度な重量の堅牢なシャーシに9基(チャンネルフェーダー×8、マスターフェーダー)のモータライズドフェーダーとジョグホイール、そして多くのノブやスイッチを搭載したUSB接続のコントロールサーフェイスで、多くのDAWソフトに対応しています。また、MIDIプロトコルで通信をするので、照明システムを始めMIDIで制御するシステムのコントロールにも最適です。

さらに別売りの拡張ユニット「PLATFORM X」や専用ディスプレイ「PLATFORM D2」を併用することで、同時にコントロールできるDAWのチャンネルを増やしたり、各パラメーターを直接表示したりとより操作性を高めることができます。

PLATFORM M+ 主な特長

PLATFORM Mはモーターフェーダーを9基搭載していながら、コンパクトな筐体にまとめられたスタイリッシュなコントロールサーフェイスです。

コンピューターとは高速なUSB 2.0で接続され、MIDIプロトコルで通信をします。

代表的なDAWのモードを搭載しておりすぐにお使いいただけるほか、付属のiMapソフトウェアにてMIDIのマッピングができるので、照明のコントロールなどにも多目的にご使用いただけます。

PLATFORM M+ 主な仕様

  • 8基の10ビットの解像度を持つタッチセンス付き100mmモーターライズドチャンネルフェーダー
  • 1基の10ビットの解像度を持つタッチセンス付き100mmモーターライズドマスターフェーダー
  • 各チャンネルに搭載されたデュアルファンクション(回す/押す)ロータリーエンコーダーノブ
  • 1基の高速サーチおよびコントロール用のジョグホイールシャトル
  • 各チャンネルに搭載されたセレクター、ミュート、ソロ、録音を含む自照式ボタン
  • 再生、停止、録音、巻戻し、早送り、ループを含む、自照式トランスポートボタン
  • ジョグホイールと併用する2つの方向キーを備えた、自照式ズームボタン
  • 各チャンネルを簡単に選択できる2つの自照式トラックボタン
  • 8チャンネルごとに切り替える2つの自照式バンクボタン
  • 拡張オプション接続用の4基の専用ポート
  • Cubase、Nuendo、Samplitude、Logic Pro、Abelton Live、Reaper、Reason、Studio One、Bitwig用のMackieコントロールプロトコル内蔵

    Pro Tools用のMackie HUIプロトコル内蔵

  • MIDI機能を簡単にマッピング可能なiMapソフトウェア同梱
  • USB接続とiMapソフトウェアで簡単にファームウェアアップデート可能
  • コンパクト、堅牢、かつKensingtonロックポート搭載のメタルケーシング
  • USBケーブル、ACアダプター付属
  • 外形寸法:395 x 196 x 58mm (LxWxH)
  • 重量:約1.8kg

発売日

2017年7月7日(金)

販売価格

PLATFORM M+
(税抜)¥36,000 (税込 ¥38,880)
JANコード:4530027322466

関連アクセサリー(別売オプション)

モータライズドフェーダーを搭載し、8チャンネル分を拡張するユニット「PLATFORM X」と「PLATFORM M/M+」「PLATFORM X」のどちらにもお使いいただる専用ディスプレイの詳細は下記をご覧ください。

「midiコントローラー」タグの関連記事

↑ページトップ