録音後に指向性や近接効果を変更できるマイク Townsend Labs SPHERE L22

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Townsend Labs社が、録音後に指向性や近接効果を変更できる「リマイク」可能なマイク「SPHERE L22」を発売します。

Townsend Labs Sphere L22™ は、人気のラージダイアフラムコンデンサーマイクの特性を驚異の精度でモデリングしたマイクロフォンシステムです。録音後であっても様々なマイクやパターンの選択が行うことができる画期的な製品です。

Sphere™ システムは、高精度のデュアルチャンネルマイクロフォンと Sphere DSPプラグイン (UAD、VST、AU、AAX Native 対応) との組み合わせによって、トランジェント・レスポンス、倍音、近接効果、そして3次元の指向特性といった幅広いマイクの反応を正確に描き出します。

Sphere の信号処理

Sphere システムは、デュアルカプセル、デュアル出力仕様のマイクロフォンを使用し、従来のシングルチャンネルマイクでは捉えきることのできない方向性や距離感等の多くの立体的な情報を捉え、それぞれのマイクが音場に対しどのように応答するかを正確に再現します – これがいわゆる3Dモデリングであり、Sphere (球体) というモデル名の源にもなっています。

他のマイクロフォンモデリング技術では、基本的にマイクからの音へEQを適用しフィルタリングを行います。これは結果としてEQを使って録音済みのトラックを処理することと変わりありません。

Sphere L22 マイクロフォンモデリングシステムは、高精度のデュアルチャンネルマイクロフォンとDAW用のオーディオプラグインによって構成されています。マイクに内蔵されたDSPが処理を行うのではなく、ソフトウェアプラグインがマイクロフォンモデルに関するすべての処理を実行します – この最大の利点は、オーディオが録音された後であってもマイクの種類や極性パターンを含む、すべてのモデリング設定をお好みで変更できるという点にあると言えます。

想像を超えるマイクロフォン・モデリング技術

Sphere の3次元アプローチは、これまでいかなる製品であっても不可能であった様々なマイクロフォンの空間的なニュアンス、近接効果、軸外の周波数特性などを見事に捉えます。

夢のコレクション

47(VF14チューブを装備)、67、M49、C12 を含む、まさに「オールタイムベスト」なマイクロフォンがいつでも扱えます。

Sphere L22 マイクロフォン

Sphere システムの核となるのは、3次元のサウンドフィールドを細部に至るまで精密にキャプチャーできるようカスタム設計された高解像度のデュアルチャンネル “L22” ラージダイアフラムコンデンサーマイクです。極めて精巧に製造される L22 によって、モデリングのレベルは一貫して正確です。

リアルタイム UAD プロセッシング

Universal Audio Apollo と併用した場合、極めて低いレイテンシー (96kHzラウンドトリップで約1.6ms) でのリアルタイムパフォーマンスを実現します。また、AAX Native、VST、AU もサポートしています。

極性パターンモデリング

Sphere は対象となるマイクの3次元特性を捉えるため、ヴィンテージマイクロフォン固有の魅力とそのサウンドに欠かせない極性パターンやその他の軸外特性を正確に再現します。

Sphere で収録したトラックでリマイク

トラッキングの前もしくは後に関わらず、マイクの種類、極性パターン、およびその他の設定をいつでもお好みで変更することができます。

近接効果の調整

近接効果によって低域が強調され過ぎている、あるいは物足りないと感じた場合であっても、マイク本体を動かす必要はありません。テイクごとにマイクからの距離が変化しがちなボーカルのパンチングの際に効果的です。

デュアルマイクモデル

Sphere プラグインのデュアルモードでは、トラッキングの前もしくは後に関わらず、1本の L22 マイクから2本の仮想マイクモデルを位相の問題なくミキシングすることができます。また、”Align” コントロールにより、2本のマイクの相対的な位相を調整することもできます。

マイク1本でステレオ録音

Sphere L22 マイクロフォンは、ステレオ録音にも対応します。

Sphere 180 プラグインを使用することで、左右のチャンネルで同じ、もしくは異なるマイクモデルでのステレオ録音を行うことが可能です。

下記サンプルは、Sphere マイクロフォン1本と Sphere 180 プラグインを用いて収録したアコースティックギタートラックです。最初のトラックはマイクモデルに LD-47、次のトラックは LD-12 で処理しています。

アクシスシフト

マイク軸を仮想的に回転させ、トラッキングの前または後に、オフアクシスのサウンドを付加することができます。

Off-Axis Correction™ (オフアクシス補正)

トラッキング前後における吹かれ、望ましくない被り、不快な部屋鳴り等による着色、フィードバックの影響を軽減し、正確な極性パターンを得るための機能です。

極性メーター

Sphere プラグインには、視認性抜群の極性メーターが用意されており、マイクで捉えたサウンドの方向とレベル、そして選択されている極性パターンをダイナミックに表示します。

低ノイズ設計

セルフノイズレベル : 7dB-A SPL は、ほとんどのヴィンテージマイクよりもはるかに優れ、多くの高性能な最新マイクロフォンに匹敵するものです。

高いSPLへの対応

L22 は、クリッピングするまでに140dB以上のSPLをハンドリング可能です。いくつかのヴィンテージマイクのように高いSPLやエアーブラストによって致命的なダメージを受けることはないでしょう。

※モデリングされたすべての製品の名称はそれぞれの所有者の商標であり、Townsend Labs Inc. とは関連性がありません。これらの製品名および記述は、Sphere のサウンドモデル開発中に研究された特定の製品を示す目的としてのみ提供されています。

主な特長

  • 夢のマイクコレクションでレコーディング
  • マイクの種類、極性パターン、その他マイクの特性を収録後でも変更可能
  • ボーカリストを疲れさせることなく、様々なマイクのオーディションが可能
  • Off-Axis Correction による吹かれや望ましくない部屋鳴り等による着色、その他一般的な問題を軽減
  • 1 本のマイクでステレオレコーディングも可能

製品仕様(マイク本体)

  • カプセルタイプ : デュアルダイアフラムコンデンサー
  • 周波数特性 : 20 Hz – 20 kHz
  • 最大音圧レベル(0.5% THD) : 140 dB (20 dB パッド時)
  • パッド:10 dB/20 dB(選択可)
  • 感度 : 22 mV/Pa
  • 出力コネクター : 5 ピンXLR(オス)
  • 付属ブレークアウトケーブル:5 ピンXLR(メス)→ 3 ピンXLR(メス)×2(3 m)
  • 本体重量 : 770 g
  • 外形寸法 : 63 mm (直径) x 225 mm (長さ)
  • 出力インピーダンス : 200 Ω
  • 推奨負荷インピーダンス : 1k Ω以上
  • ファンタムパワー:44 V~52 V/5 mA (チャネルごと)
  • 付属品 : ブレークアウトケーブル、ショックマウント、スイベルマウント、ダストカバー、ハードケース

プラグイン仕様(最低動作環境)

  • サポートするフォーマット:AAX Native、VST2、VST3、Audio Units (Mac のみ)、UAD
  • Macintosh OS: Mac OSX 10.8.5 以上(ネイティブ動作)、Mac OSX 10.9.5 以上(UAD)
  • Windows OS:Windows 7 以上
  • 200 MB 以上の空きハードディスク容量
  • 4 GB 以上のメモリー
  • 1024 x 768 ディスプレイ解像度
  • インターネット接続(ソフトウェアのダウンロード)
  • 各プラグインフォーマットが動作するホストアプリケーション
  • 搭載マイクモデル: LD-47、LD-49、LD-67、LD-87、LD-12、LD-251、LD-800、SD-451、RB-4038、DN-57、Sphere Linear

Sphere L22 に関するよくある質問

モノラルマイクをモデリングする場合でも Sphere L22 マイクロフォンが2つの出力を備えているのはなぜでしょうか?

2チャンネルのマイクを使用することで、正確に音場を捉えるために必要な方向や距離に関する多くの情報を取得することができ、DSPアルゴリズムが広範囲に渡るマイクの3次元の特性を再現できるようになります。

DSPプラグインで処理を行わずとも、従来のマイクのように Sphere L22 マイクロンフォンを使用することは可能ですか?

もちろん! Sphere マイクロフォンは非常に高品質です。出力のうち、ひとつは前向きのカーディオイド、もう一方は後向きのカーディオイドとなっています。フロント面の出力だけを接続して通常のカーディオイド・マイクのように使用し、リア面の出力は接続を外しておくこともできます。

Sphere L22 マイクロフォンはデジタル? それともアナログですか?

Sphere マイクロフォン自体は完全にアナログです。そして Sphere のモデリング技術は、UAD、VST2、VST3、AU、および AAX Native をサポートするオーディオソフトウェアプラグインを介し、デジタルドメイン上でご利用できます。UADバージョンは、Universal Audio 社の Apollo オーディオインターフェイスと併用することで、低レイテンシーでの処理が実現します。

●Sphere マイクロフォンは普段使い慣れているプリアンプとともに使用できますか?

48Vファンタム電源を供給可能なチャンネルを2つ備えるモデルであることが必須条件ですが、加えて Townsend Labs は最高の結果を得るためのガイドラインをいくつか設けています。ゲインコントロールの精度のマッチングが取れたプリアンプをお使いいただくことを強く推奨します – これは最も重要なレベル設定を簡単かつ的確に行うためです。

オーディオインターフェイスの場合、デジタル制御のプリアンプを装備したUniversal Audio Apollo シリーズ (Apollo 16 以外のモデル)、RME Fireface UFX、Apogee Duet や Quartet は、Sphere との接続に最適です。これらのモデルは2つのチャンネル間のゲインをリンクすることができるため、常に同じレベルを維持することができます。

また、Neve 1073 や Millennia HV-3D のようにステップ式アッテネーターを備えるピュアアナログ設計のモデルであれば、過負荷のかからないリニアレンジ内で使用される限り、うまく動作します。入力インピーダンス設定が可能なプリアンプの場合は最も高い設定にしておきましょう – チャンネル間でより良好なゲインマッチングを得られるかもしれません。

他のマイクで録音した素材に Sphere プラグインを使用することはできますか?

残念ながら満足いく結果を得ることはできません。Sphere マイクロフォンはプラグインと連携するよう特別な設計/調整が施されています。厳しい公差の下で製造される Sphere L22 マイクロフォンの指向特性と周波数特性は一貫したモデリング処理を可能とします。さらに重要なのは、マイクロフォンがデュアルチャンネルで収録可能という点です – このことがシングルチャンネルマイクでは決して得らることのできない様々な方向情報をしっかりと捉えることに繋がります。

Sphere プラグインにコピープロテクションは施されていますか?

いいえ、コピープロテクションは使用していません。

Sphere マイクロフォンのモデリングはどれほど忠実なのでしょうか?

Sphere マイクロフォンはラージダイアフラムコンデンサーカプセルを使用しており、ラージダイアフラムマイクロフォンを最も正確にモデリングできるよう最適化されています。とくにヴィンテージのラージダイアフラムコンデンサーマイクロフォンにおける Townsend Labs の目標は、リイシューモデル、クローン、または同クラスの現代版となるマイクロフォンの精度を満たす、もしくは超えることでした – ほとんどのケースにおいて、すでにその基準を達成するか、それらを上回っています。

ダイナミック、リボン、スモールダイアフラムコンデンサーといった他のタイプのマイクロフォンの場合、通常オンアクシスで使われる上では正確です。約45度のオフアクシス上においては、これらのモデルの本質の部分から逸脱してしまうかもしれませんが、全体的な極性パターンを維持することはできます。つまり、一般的にこれらのマイクにとっては、距離を置いた設定よりもクローズマイクとしての使用の方が正確であると言えます。

Sphere マイクロフォンには公差の小さい極めて精巧なカプセルが用いられているため、接続するマイクハードウェアに関係なくモデルのサウンドクオリティーは一定に保たれます。Sphere マイクにおける公差は、ほとんどのヴィンテージや現行マイクと比較してもはるかに厳しいものとなっています。

Sphere テクノロジーは、マイクのノンリニアな歪みもモデリングしていますか?

はい。チューブやFETマイクのキャラクターを決定づけるわずかな倍音成分もしっかりモデリングしていますが、信号過多によって完全に歪んでいる状態はモデリングしていません。Sphere マイクロフォンでは広大なヘッドルームとダイナミックレンジが確保されており、非常に幅広い音圧レベルに対応することができます – モデル元のマイクロフォンに十分な余裕がない場合でも、可能な限り最大のヘッドルームを提供します。オーバーロード状態のマイクが望ましいと言われることはめったにないでしょう?これがこの技術の大きな利点であると Townsend Labs は考えています。

●Sphere テクノロジーは、マイクのハムやノイズもモデリングしていますか?

いいえ、Sphere マイクロフォンは非常に低ノイズな設計となっています。Townsend Labs のアプローチは、(例えそれがオリジナルモデルよりも実質的に低いとしても) 可能な限り低ノイズであることを目指しています。

どのようなケーブルが付属しますか?

3mの5ピンXLRメスコネクター (Sphere マイク側) から2つの3ピンXLRオスコネクター (プリアンプ側) に分岐したケーブルが付属します。これはSphereマイクがデュアルチャンネル仕様であるためです。同等のケーブルは、他のさまざまなメーカーから入手できるでしょう。

Sphere マイクロフォンではどのようにしてステレオ録音を行うのでしょう?

2本の Sphere マイクロフォンを使用すれば、従来同様に ORTF、XY、あるいは間隔を空けて置いたペア、といった標準的なマイクテクニックを駆使してのステレオ録音が可能です。Sphere マイク1本でも180度のステレオ録音が可能で、マイクの正面と背面それぞれに異なるマイクモデルを設定することもできます。

追加のマイクモデルは予定されていますか?

もちろん!いくつかはすでに開発中です。

マイクモデルの追加等でプラグインのアップデートに料金はかかりますか?

バンドルされている Sphere プラグインのソフトウェアアップデートに関する課金は予定していませんが、他のプラグインを別製品としてリリースする予定です。

すでにたくさんの素晴らしいマイクコレクションが手元にあります。それでも Sphere は必要ですか?

  1. 最高のマイクコレクションにも限界があります。さまざまなソースに複数の U47 と U67 を使いたい場合はどうしますか? Ocean Way でもない限り、ほとんどのスタジオにおいて、U47 または U67 は1本あればラッキーというのが現実です。
  2. 収録後でもマイクのオーディションや変更が簡単に行えます – つまり、ボーカリストのコンディションキープに役立ちます。
  3. ギターアンプやキックドラムに貴重なヴィンテージの U47 を設置する時のようなリスクを覚えることはありません。
  4. 破裂音やラウドなソースによってリボンマイクを飛ばしてしまうようなリスクはありません。
  5. 収録後でもマイクの種類や指向性の変更が可能です。
  6. マイクロフォンの近接効果をコントロール可能です。
  7. Off-Axis Correction™ (オフアクシス補正) で、他の楽器からの被りを大幅に軽減できます。
  8. ホテルの部屋等、音響がしっかりしていない環境でも、Off-Axis Correction™ (オフアクシス補正) を活用することで余分な部屋鳴りを軽減できます。
  9. 大切なヴィンテージマイクは家に置いておき、ツアーにはこの便利な万能マイクを連れていきましょう。
  10. Apollo (Apollo 16 を除く)との組み合わせでボーカルや楽器のワールドクラスのシグナルチェーンを手軽に利用でき、超低レイテンシーでの処理が行えます。
  11. ほとんどのヴィンテージ、あるいは最新のモデルと比較しても、大幅にノイズフロアが低いマイクロフォンシステムです。
  12. メンテナンスにかかる費用と時間が大幅に削減されます (高価なVF-14チューブの交換は不要です)。

SPHERE L22(スフィアエルトゥエンティツー)

発売日

2017年7月下旬予定

販売価格

(税抜)¥157,000 (税込 ¥169,560)

JAN コード:4530027780006

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ