Sonarworks Reference 3 発売!モニタースピーカー、ヘッドホンを正確に音響補正

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Sonarworks は、部屋の環境による音場バランスを補正する、あるいは、ヘッドホンの構造や素材による音響を補正することができるスピーカー&ヘッドフォン用キャリブレーション・ソフトウェア「Reference 3」シリーズを発売しました。

「Reference 3」シリーズは、「Reference 3 Speaker Calibration Software Suite」「Reference 3 Speaker Calibration Software Suite + Mic」「Reference 3 Complete with Mic」の3つのパッケージがあります。

Reference3ラインナップ


「Reference 3 Speaker Calibration Software Suite」
「Reference 3 – SPEAKER CALIBRATION」(スピーカー プラグイン + スピーカー測定アプリ)ソフトが付属し、失われてしまうモニターの精度の問題を解消し、他のスピーカーシステムとの親和性を飛躍的に向上させます。

  • スピーカー測定ソフトウェア + キャリブレーション・プラグイン
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応
  • デモ試用可能 (21日間ソフトウェアの全機能を利用可能)
  • Sonarworks測定ソフトウェア用に個別にキャリブレート済み

*Reference 3 Speaker calibrationにはヘッドフォン・キャリブレーション機能は含まれません。


「Reference 3 Speaker Calibration Software Suite + Mic」
「Reference 3 – SPEAKER CALIBRATION」(スピーカー プラグイン + スピーカー測定アプリ)ソフトとプロフェッショナルな使用に耐えうる専用の測定用マイクロフォン(XLR接続)が付属しています。

  • プロフェッショナルな使用に耐えうる測定用マイクロフォン(XLR接続)
  • スピーカー測定ソフトウェア + キャリブレーション・プラグイン
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応
  • デモ試用可能 (21日間ソフトウェアの全機能を利用可能)
  • Sonarworks測定ソフトウェア用に個別にキャリブレート済み

*Reference 3 Speaker calibrationにはヘッドフォン・キャリブレーション機能は含まれません。


「Reference 3 Complete with Mic」
「Reference 3 – SPEAKER CALIBRATION」と「Reference 3 – HEADPHONE CALIBRATION」、「Reference 3 – SYSTEMWIDE」と専用の測定用マイクがセットになったコンプリートバンドルです。

  • プロフェッショナルな使用に耐えうる測定用マイクロフォン(XLR接続)
  • アベレージモデルを使用したヘッドフォン・キャリブレーション・プラグイン
  • スピーカー測定ソフトウェア + キャリブレーション・プラグイン
  • Reference 3 Systemwideにより、OSからの出力もキャリブレート
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応
  • デモ試用可能 (21日間ソフトウェアの全機能を利用可能)
  • Sonarworks測定ソフトウェア用に個別にキャリブレート済み

Reference 3 SPEAKER CALIBRATION

わずか15分のスピーカー測定で、信頼性の高いリファレンス・サウンドを実現するのが「Reference 3 SPEAKER CALIBRATION」です。

ほとんどのスタジオスピーカーは、開発が行われているメーカーのコントロール・ルームでは適正な働きをしていますが、しかしそれがご自宅の部屋に届くと、事情は一変します。部屋の音響特性によって、本来のサウンドが損なわれてしまうからです。以下のグラフをご覧ください。

上のグラフは、同じスピーカーで部屋を変えた時の周波数レスポンスです。設置する場所によって特性が大きく変化しているのがお分かりいただけるかと思います。
あなたの部屋でも、こういった部屋の影響により本来のモニタリング環境が築けてなく、あなたの能力を発揮することができなくなっている可能性があります。

ここで、「Reference 3 SPEAKER CALIBRATION」が役立ちます。Sonarworks Reference 3によるキャリブレーションを有効にした下記のグラフをご覧ください。

これで、どの部屋においても正確でフラットなリスニングが可能となりました。

Sonarworks Reference 3は、失われてしまうモニターの精度の問題を解消し、他のスピーカーシステムとの親和性を飛躍的に向上させます。
モニタースピーカーに対するルームの影響を中和し、より信頼性の高いリファレンス・サウンドが提供されます。

スピーカーのキャリブレーション時に必要な機材は、ファンタム供給が可能なマイクプリアンプ、オーディオインターフェイス、モニタースピーカー、そして「Reference 3 SPEAKER CALIBRATION」と測定用マイクです。

セットアップも簡単。

  1. ソフトウェアに表示される手順に従って部屋の音響特性を測定します。
  2. キャリブレーション・プロファイルをDAW上のプラグインで開きます。
  3. キャリブレーションを有効にして、失われていたフラットなリファレンス・サウンドを取り戻します。

特徴まとめ

  • スピーカー測定ソフトウェア + キャリブレーション・プラグイン
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応

*Reference 3 Speaker calibrationにはヘッドフォン・キャリブレーション機能、測定マイクは含まれません。

Reference 3 HEADPHONE CALIBRATION

ヘッドフォンによるミキシング/マスタリングを革新する、初のキャリブレーション・ソフトウェアが「Reference 3 HEADPHONE CALIBRATION」です。

すべてのヘッドフォンは、その構造の違い、素材や配置によって、異なる響き・特性を持っています。このため、いずれもクリティカルなリスニングに耐えうるほどに完全に中立である、とはいえません。以下のグラフをご覧ください。

上のグラフは、さまざまなハイエンドのスタジオヘッドフォン周波数レスポンスです。ハイエンドとはいえ、これだけ特性のばらつきがあるのです。ここで、Sonarworks Reference 3によるキャリブレーションを有効にしてみます。

Sonarworks Reference 3は、多数のヘッドフォン・モデルを測定し、デジタル・プロファイルとして収録されているため、DAWからプラグインによる補正=キャリブレーションを実現します。先進のテクノロジーによって設計・調整されたプラグインがあれば、驚くほどシンプルに正確なサウンドを手にすることができるでしょう。

サポートしているヘッドフォン・モデルはこちら

ヘッドホンのキャリブレーションのセットアップも簡単に行えます。

  1. Reference 3をDAWのプラグインとして起動します。。
  2. お使いのヘッドフォンをリストから選択します。
  3. キャリブレーションを有効にして、失われていたフラットなリファレンス・サウンドを取り戻します。

特徴まとめ

  • アベレージモデルを使用したヘッドフォン・キャリブレーション・プラグイン
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応

*Reference 3 Headphone plug-inにはスピーカー・キャリブレーション機能、測定マイクは含まれません。

Reference 3 SYSTEMWIDE

Sonarworks のリファレンス・サウンドを、OSの標準オーディオで使用可能なスタンドアローン版が「Sonarworks Reference 3 Systemwide Standalone」です。YoutubeでもiTunesでも、OSから出力される全ての音をリファレンスサウンドに補正することができます。

あらゆるサウンドを、リファレンスにキャリブレート

Systemwideは、DAWを使うことなくあらゆるオーディオ音源を中立なリファレンスサウンドに補正します。プラグインに対応する必要もありません。どこからでもReference 3の補正を通した聴くことができ、例えばDAWとSpotify上のサウンドの比較もこれまでになく素早く、簡単に行なえます。

設定したら、あとは再生するだけ

Sysytemwideの設定は、Reference 3プラグインと共に動作するようカスタム開発されているため、使用方法も簡単かつ安定しており、キャリブレーションを二重に掛けてしまうこともありません。Reference 3がプラグインとして動作している場合はこれを検知して自動でオフになります。

リファレンス・サウンドを、日々の音楽生活に

Portrait of happy bearded man with arms on head looking at laptop with smile. Packed boxes on table.

オーディオのすべてを完全に一貫した再生環境で。音楽を制作しているときも、もしくはお気に入りのミックスをMixcloudで再生するときも、Sysytemwideがあれば、オーディオのあらゆるディテールを見失うことはありません。

特徴まとめ

  • スタンドアローン動作が可能、Reference 3キャリブレーション・プラグイン/ソフトウェアは必要ありません
  • OSシステムに常駐し、システムの出力に対してReference 3によるキャリブレーションを適用可能
  • ヘッドフォン/スピーカーいずれにも対応

発売日

2017年6月20日

販売価格

Reference 3 Speaker Calibration Software Suite BOX (SW3B)
(税抜)¥30,000 (税込 ¥32,400)
JANコード:4533940073194

Reference 3 Speaker Calibration Software Suite + Mic(SW3XLR)
(税抜)¥35,000 (税込 ¥37,800)
JANコード:4533940073200

Reference 3 Complete with Mic – boxed(SW3SH3SWSAXLR)
(税抜)¥48,149 (税込 ¥52,000)
JANコード:4533940074474

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ