Novation Circuit Mono Station 発表!3つのシーケンサートラック搭載のテーブルトップシンセ

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Novation Circuit Mono Station

Novation ( ノベーション ) は、「Circuit」と同じ32個のベロシティ対応RGBパッドを搭載し、さらに3本のシーケンサー・トラックを備えたパラフォニック・シンセサイザー「Circuit Mono Station(サーキットモノステーション)」を発売します。

「Circuit Mono Station」は、モノフォニックとパラフォニック両方のモードを搭載し、独自のシーケンサーでオシレーターを制御するデスクトップシンセです。

2つのオシレーター・シーケンサーと1つのモジュレーション・シーケンサーをもつ合計3つのシーケンサートラックは、ゲートの長さやパターンの切り替え、シンクレートを選択することができます。同期とチューニング・パラメータを個別にコントロールする2つのオシレーターは、4つの波形(のこぎり歯、三角形、正方形とサンプル+ホールド)、サブオシレーター、リングモジュレーション、ノイズジェネレーションを装備。12dB/Oct、24dB/Octのスロープに加え、ローパス、ハイパス、バンドパスの3つのフィルターモード、さらに3つのディストーションモードが装備されています。

「Circuit Mono Station」は、CV、Gate、モジュレーション・アウトにて別のハードウェアをコントロールします。MIDIイン/アウトやUSB接続でハードのMIDI機器やDAWのMIDIコントロール、また、オーディオインプットを介して、アナログフィルターとディストーションを利用するなど、外部ハードウェアとの連携も優れています。

主な機能

同期とチューニング・パラメータの個々の制御による2つのオシレーター ハイパス、ローパスと12dBと24dBのスロープによる帯域フィルター 3つのディストーションモード
個々のコントロールでモノフォニックかパラフォニックを選択 複雑な変更とルーティングを可能にする4×8モジュレーション・マトリックス デバイス上で最高64までのパッチをリコール&保存
3本のシーケンサー・トラック(2台のオシレーターシーケンサー、1台のモジュレーション・シーケンサー) CV/Gate、CV ModプラスMIDI In(別のハードウェアをつないで、制御するためのOutとThru)とオーディオインプットを使い音声ソースを進化させて処理 Componentsによる予備パッチとセッション

外部ハードウェア連携とセットアップ

ラップトップPCとシンプルセットアップ
青:USB / 赤:オーディオ

楽器入力とエフェクトコントロール
赤:オーディオ / 黄:CV / 黒:MIDI

ラップトップPCとセミモジュラーセットアップ
青:USB / 赤:オーディオ / 黄:CV / 黒:MIDI

ドラムマシンとのセットアップ
赤:オーディオ / 黄:CV / 黒:MIDI

モジュラーシンセとのセットアップ
赤:オーディオ / 黄:CV

主な仕様

付属品 USBケーブル
3 MIDIブレークアウトケーブル
12V DC パワーサプライ
ライセンスが付与されるソフトウェア
(ダウンロードとなります)
Ableton Live Lite
4 GBのループマスター・サンプル&サウンド
サイズ 重量(本体) 1.19kg
高さ 54mm
幅 240mm
奥行き 250mm

発売日

2017年7月7日

販売価格

(税抜)¥55,000 (税込 ¥59,400)
JANコード:4580101340510


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「groove-gear」タグの関連記事

↑ページトップ