Nord のフラッグシップ・キーボード Nord stage 3 シリーズ登場!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Clavia DMI社がMusikmesse 2017にて同社のフラッグシップモデル「Nord stage 3」シリーズ を発表しています。

2017/10/4追記:日本国内での発売が正式に決定いたしました。

Nord Stage 3 Compact

Nord Stage 3 HP76

Nord Stage 3 88

The Nord Stage 3 はステージ・シリーズの第5世代の最新モデル。メインのピアノサウンドはさらに強力となり、Nord Lead A1 、Nord C2D、のシンセとオルガンのサウンド・エンジンを搭載したフラッグシップ・キーボードとなっています。

新機能

Performance/General パフォーマンス

  • プログラムとシンセセクションに有機EL(OLED)ディスプレイを採用
  • プログラム切り替え時には音切れのないシームレスなサウンドチェンジ
  • オプショナルクロスフェードによるスプリット機能を拡張
  • ソングリストモード
  • モーフ・ディスティネーションを拡張

Piano section ピアノセクション

  • 2GBのNord Pianoライブラリー(Nord Piano Library用、前モデルの2倍)
  • 120音ポリフォニック
  • クリエイティブ・フィルタープリセット
  • レイヤーカテゴリー

Synth section シンセセクション

  • Nord Lead A1 シンセエンジン(サンプルプレイバック機能付き)
  • オシレーターファンクションに専用 有機EL(OLED)ディスプレイを採用
  • 480 MBの拡張メモリー(Nord Sample Library)
  • 最大同時発音数を拡大(34ボイス)
  • Super Wave カテゴリー(S-wave)

Organ section オルガンセクション

  • Nord C2D Organエンジン搭載
  • パイプオルガンモデル搭載
  • Nord C2D Organ Engine
  • 2種類の新プリンシパル・パイプオルガン・モデル
  • レスリー・スピーカー「Model 122」ロータリースピーカー(スロット毎)
  • フィジカルドローバー(Nord Stage 3 Compactのみ)

Effects

  • アナログモード搭載のフィードバック・フィルター付きの新しいディレイ
  • レゾナンス付きフィルターモード
  • AmountとFastモードでのスロット毎の独立コンプレッサー
  • スロット毎の独立リバーブ(ブリッジモード)

信頼のFatar(ファタール)鍵盤を採用

Hammer Action (HA) The Nord Stage 3 88

最高級ハンマーアクション・ウェイテッド鍵盤。Key range A-C.

Hammer Action Portable (HP) The Nord Stage 3 HP76

本体重量12,5 kgを実現した 超軽量ハンマーアクションポータブル76鍵 (E-G) Key range E-G.

Semi Weighted Waterfall (SW)  The Nord Stage 3 Compact

73鍵セミウェイテッド・ウォーターフォイール・オルガンキーボード。重要は10kg。Key range E-E.

10/4に開催された新製品発表会会場にて

Nord Stage 3 Compactにはフィジカルドローバーが搭載

Nord Stage 3は、非常に鮮明な有機EL(OLED)ディスプレイ、プログラムのシームレスな切り替え、強化されたスプリット機能、新たに追加されたソング・リスト・モードなどにより、直感的かつ柔軟にライブ・パフォーマンスが可能となりました。

柔軟なサウンドメイキング

Nord Stage 3には、ピアノ、オルガン、シンセサイザーの3つのサウンド・セクションがあり、これらすべてを同時に使用可能となっています。さらに、2つの独立したスロットにより、2系統のピアノ、2系統のオルガン、2系統のシンセとエフェクトも同時することができます。

シームレスな切り替え

演奏中にプログラムを切り替えても音切れすることがなくなりました。

ソング・モード

新しく搭載されたソング・モードにより、プログラムをリスト内の個々のソングに簡単にグループ分けできます。各ソングには最大で5つの異なるプログラムを登録でき、既存のプログラムから自由に割り当てることができます。バンド別またはシチュエーション別に独自のソング・リストを作成でき、名前や順序もコンピューターに接続することなくその場で簡単にカスタマイズできます。鮮明で非常に視認性の高い有機EL(OLED)ディスプレイは、サウンドを選択したり、プログラムをエディットしたりする際にその真価を発揮します。

クロスフェード・オプション搭載の高度なスプリット機能

Nord Stage 3では、3つのスプリット・ポイントと新しく追加されたスプリット・ポイント・クロスフェード機能を使用できます。クロスフェード幅は3種類(スモール/ラージ/オフ)から選択でき、それぞれ異なるLEDカラーがスプリット・ポイントに表示されます。

新機能のスプリット・ポイント・エディター・モードでは、有機EL(OLED)ディスプレイで各スプリット・ゾーンに割り当てられたサウンド・ソースを確認しながら、スプリット・ポイントを簡単に編集/設定することができます。

ペダルによるプログラム変更

Nord Stage 3はペダルによるプログラム変更(アップ/ダウン)が可能。

ピアノ・セクション

Nord Sample Library大幅に拡張されたピアノ・セクションには、Stage2の2倍にあたるNord Piano Library専用メモリー(2GB)、120ボイスの最大同時発音数、クリエイティブな新しいピアノ・フィルターなどが搭載されています。

Nord 独自のピアノ・サウンド

Nord Stage 3には、Nord独自のNord Piano Libraryからグランド・ピアノ、アップライト・ピアノ、エレクトリック・ピアノ、デジタル・ピアノ、クラビネット、ハープシコードといった幅広いピアノ・サウンドが収録されています。また、Nord Stage 3のピアノ・セクションには、リッチでダイナミックなレイヤー音色を収録した「レイヤー」カテゴリーが新たに追加。

サウンドの入れ替えも可能

Nord Stage 3のファクトリー・バンクには、Nord Piano Libraryの非常に幅広いサウンドが収録。これらのサウンドは、Nord Sound Managerを使用して簡単に追加したり入れ替えたりすることができます。Nord Piano Libraryより世界水準の新たな独自サウンドがいつでも無償でダウンロードできます。

レガート演奏時のニュアンスを引き出すロング・リリース機能

ロング・リリース機能はリリースをわずかに伸ばすことで、アコースティックやエレクトリック・ピアノのレガート演奏時にダンパーのテンションがややルーズになる状態を再現し、さらにリアルな演奏ができます。

Nord Triple Pedalでさらにリアルな演奏が可能

Nord Triple Pedal(別売)は、Nord独自のダイナミック・サスティン・ペダルを搭載し、これによりハーフ・ペダリングやいわゆる「リリース&キャッチ」などのアコースティック・ピアノのペダル・テクニックをそのまま使用できます。また、このペダルにはソステヌート、ソフトの各ペダルの機能も搭載しています。さらに、Nord Triple Pedalでは、ピアノのダンパー機構の上げ下げ時に発生するノイズを再現でき、サスティン・ペダルを踏む強さに応じてダンパー機構のメカニカル・ノイズの大きさをダイナミックにコントロールすることができます。

オルガン・セクション

写真:Nord Stage 3 Compact

Nord Stage 3では、定評あるNord C2DオルガンからB3トーンホイール・オルガンとビンテージ・トランジスター・オルガンのシミュレーションが収録されているほか、2種類のプリンシパル・パイプ・オルガンが新たに追加されています。2種類のオルガン・モデルを同時に使用できるほか、アップデートされたビンテージ122ロータリー・スピーカー・シミュレーションをスロットごとに個別に使用することもできます。

B3トーンホイール・シミュレーション

Nord Stage 3のオルガン・セクションには定評あるNord C2Dオルガン・エンジンが搭載されており、出荷時のクリーンな状態からひび割れのある古いビンテージまで、4種類の異なるトーンホイール設定を持つ極めて本物に近いB3トーンホイール・シミュレーションを使用できます。

ビンテージ・ロータリー・スピーカー

Nord Stage 3には最新のビンテージ122ロータリー・スピーカー・シミュレーションが搭載されており、オルガンのライブ演奏に欠かせないエフェクトを加えることができます。また、ドライブ・コントロールのほかに、スロー、ファスト、ストップの3つのモードが用意されています。122ロータリー・スピーカー・シミュレーションはスロットごとに設定できるほか、ピアノ・セクションやシンセ・セクションでも使用できます。

クラシック・トランジスター・オルガン

オルガン・セクションには、1960年代のクラシック・トランジスター・オルガンであるVox ContinentalとFarfisa Compactを忠実に再現したシミュレーションも収録されています。

パイプ・オルガン

オルガン・セクションには、2種類の新しいパイプ・オルガン・モデルも追加されています。パイプ1は、倍音の少ない純粋なオルガンです。パイプ2は、一般的にパイプ・オルガンやチャーチ・オルガンの土台として使用される金属製パイプを再現したものです。ビブラート/コーラスをオンにすると特殊なデチューン・モードになります。

フィジカルドローバー(Nord Stage 3 Compact)

Nord Stage 3 Compactでは物理ドローバーが搭載されたことで、オルガン特有のドローバー操作に慣れ親しんだ演奏者が自由自在に音色をコントロールできるようになったほか、Nord Half Moonスイッチも使用できるようになりました。

また、Nord Stage 3 88およびHP 76にはデジタルLEDドローバーが搭載され、現在の設定を一目で確認できます。

シンセ・セクション

Nord Stage 3のシンセ・セクションには、サンプル・プレイバック機能を内蔵した評価の高いNord Lead A1に加え、オシレーターのあらゆる情報を表示する視認性の高い有機EL(OLED)ディスプレイが搭載されています。

パワフルかつスマートなオシレーター

Lead A1シンセ・エンジンは、アナログ・モデリングによる暖かみのある音色が高く評価されています。また、スマートなオシレーター・コンフィギュレーションを利用することで、シンプルな操作で素早く、深く音作りが可能です。オシレーター・コンフィギュレーションには、ピッチ・モードとシェイプ・モードで構成されるシングル・オシレーター設定と、デチューン、シンク、波形、ベル、ノイズ・ミックスの各モードに加え、FMとリング・モジュレーションを含むデュアル・オシレーター設定があります。またシンセ・セクションでは、最大同時発音数を減らすことなく3種類のユニゾン・モードも使用できます。

Nord Stage 3の新しいオシレーター・セクションには、クラシック、ウェーブ、フォルマント、サンプル、そして新たにスーパーウェーブ(S-Wave)を加えた5つのオシレーター・カテゴリーがあります。

オシレーター・コンフィギュレーション(オシレーター構成)

オシレーター・コンフィギュレーション機能により、シンプルな操作で素早く、深く音作りが可能になりました。

以下は、1つ目のオシレーター波形がクラシック、ウェーブ、またはフォルマントのオシレーター・タイプで使用できるオシレーター・コンフィギュレーションです:

  • ピッチ:メイン・オシレーターのピッチを調節します。
  • デチューン:メイン・オシレーターとは別にピッチを調節できる2つ目のオシレーターを追加します。
  • シェイプ:従来の波形整形方法でクラシック波形を整形します。ウェーブ・カテゴリーとフォルマント・カテゴリーの波形はスペクトル成形プロセスを使用して整形します。
  • シンク:シンク・リファレンスとなるオシレーターを追加することでハード・シンクをエミュレートします。
  • 波形ミックス(デュアル・オシレーター):2つ目のオシレーターとしてサイン波、三角波、矩形波、ノコギリ波を追加します。2つ目のオシレーターは個別に調節できます。
  • ベル・ミックス:特殊なFMアルゴリズムを使用してベル・タイプ・サウンドに最適な土台を作る、専用の「ベル」オシレーターを追加します。
  • ノイズ・ミックス:メイン・オシレーターにミックスできるホワイト・ノイズ・エレメントを追加します。
  • ノイズ・ミックス2:フィルターをかけたわずかに反響するノイズ・エレメントをメイン・オシレーターに追加します。
  • フリケンシー・モジュレーション2(FM):メイン・オシレーターの周波数を2つ目のサイン波オシレーターで変調します。2つ目のオシレーターにかけるピッチ・オフセットは複数選択できます(-12~+48半音)。
  • フリケンシー・モジュレーション3(FM):メイン・オシレーターの周波数を2つのオシレーターで変調します。ピッチ・オフセットは複数選択できます(-12~+48半音)。
  • リング・モジュレーション:このモードでは、メイン・オシレーターの波形にサイン波の相対ピッチを乗算してクラシックなリング・モジュレーション・サウンドを作成します。

サンプル・プレイバック

Nord Stage 3のシンセ・セクションにはパワフルなサンプル・プレイバック機能が搭載されており、Nord Sample Libraryから膨大な数のサンプルが収録されています。すべてのサンプルはLead A1シンセ・エンジン内で自由に微調整できます。また、Nord Sample Editorを使用すれば、独自のサンプルを作成して転送することもできます。

柔軟なフィルター

シンセ・セクションには、クラシック・トランジスター・ラダー・フィルター(LP M)、ローパス12、ローパス24、バンドパス、ハイパス、そして新たに追加されたローパスとハイパスのパワフルなフィルター・コンビネーション(LP+HP)という、6種類のフィルター・タイプが搭載。また、フィルター・セクションには専用のフィルター・ドライブも搭載されており、ドライブ量を3段階に設定できるほか、カットオフ・フリケンシーのキーボード・トラッキング量を選択することもできます(1/3、2/3、フル)。

同期可能なLFOとアルペジエイター

シンセ・セクションには、Nord Stage 3内のマスター・クロックに簡単に同期できるアルペジエイターとLFOが搭載されています。マスター・クロックに同期することで、エフェクトなどの別のエレメントとタイミングを合わせることができます。


エフェクト・セクション

Nord Stage 3のエフェクト・セクションには、新機能のフィルター・エフェクト、拡張されたモーフィング可能なパラメーター、強化されたディレイ・エフェクト、そして各スロットで個別に設定できるリバーブとコンプレッサーが搭載されています。

Nord Stage 3のパワフルなエフェクト・セクションには、瞬時に調整できる高品質なエフェクトが幅広く収録されています。これらはすべてクラシックなコンパクト・エフェクターをモデルにしたもので、すべてのエフェクトをスロットごとに使用できます。

エフェクト1

エフェクト1にはトレモロ、2タイプのワウ、オートワウ、オートパン、リング・モジュレーターを内蔵しています。クラビネット・サウンドにオートワウを使用してよりファンキーに、あるいはエレクトリック・ピアノにオートパンを使用してムードを醸し出したりすることも簡単に行えます。

エフェクト2

エフェクト2にはフェイザー、コーラスを各2タイプ、フランジャーに加え、アナログのコンパクト・エフェクターからヒントを得たヴァイブ・エフェクトを内蔵。爽やかな音色変化のフェイザーや、金属的なサウンドが得られるフランジャー、厚みのあるサウンドにできるコーラスなど、Nord Stage 3の高品位でクリアなサウンドにさらなる彩りをプラスできます。

アンプ・シミュレーション/EQ/フィルター

JC、Twin、Smallの各スピーカーを忠実に再現したスピーカー・シミュレーションを搭載しています。ドライブの調節が可能で、独立したチューブ・ドライブ・シミュレーションも内蔵しています。このセクションには、ミッド・レンジのスウィープが可能な3バンド・イコライザーも搭載されています。また、パワフルな追加機能として、選択したサウンド・ソース(オルガン、ピアノ、シンセ)に適用できる新たなフィルター(LP24/HP24)が搭載されました。これらのフィルターにはカットオフ・コントロールとレゾナンス・コントロールが装備されています。

ディレイ

強化されたディレイ・エフェクトには、テンポ、フィードバック、ミックス(ドライ/ウェット)用のモーフィング可能なコントロールのほか、ピンポン・モードとタップ・テンポ用のコントロールが搭載されています。また、アナログ・モードをオンにするための専用コントロールと3つのフィードバック・フィルター(HP/LP/BP)などが新たな機能として追加されています。

コンプレッサー

コンプレッサーを使用すると、ミックス全体をしっかりとコントロールできます。新機能としてファスト・モードが追加され、スロットごとに個別に設定できるようになりました。

リバーブ

Nord Stage 3には、サウンドに空間の響きを加える6種類のリバーブ(ホール1+2、ステージ1+2、ルーム1+2)が搭載されており、リバーブ量はモーフィングすることができます。リバーブ・エフェクトは各スロットで個別に設定できるようになり、新機能としてブライト・モードも追加されました。


マスター・クロック

マスター・クロック機能は、アルペジエイターのテンポやLFOの周期、モジュレーション・エフェクトの周期やディレイのディレイ・タイムなどを、内蔵のマスター・クロックに同期することができる機能で、これによりテンポや音符単位でのモジュレーションなどが簡単に行えます。例えば、アルペジエイターのステップを4分音符三連のタイミングで発音させ、同時にLFOによるゆっくりとしたフィルター・スウィープは2分音符の周期で、といったようなことが簡単に設定できます。また、マスター・クロック自体は外部MIDIクロックと同期可能ですので、バッキング・トラックと各種モジュレーション等の完全同期も、テンポ・チェンジを含めて行えます。

マスター・キーボード機能を統括するエクスターナル・セクション

エクスターナル・セクションは、外部MIDI機器をコントロールするための専用セクションで、外部MIDI機器を自在に使用できます。発音域を設定するゾーン、スプリット、レイヤーの各機能を使用すれば、外部MIDI機器と一体化した状態で使用できます。また、このセクションの各種設定もプログラムの一部としてメモリー可能で、ステージ上などのシチュエーションでも必要なセッティングを瞬時に呼び出すことができます。またエクスターナル・セクションではプログラム・チェンジ時にMIDIバンク・セレクト・メッセージも自動的に送信することができ、外部MIDI機器との連携が簡単に行えます。

エクスプレッション・ペダル

Nord Stage 3は主要なエクスプレッション・ペダル・メーカーの各製品(ヤマハFC7、ローランドEV-7、EV-5、コルグEXP-2、XVP10)に対応しています。

Program Change Pedal

Nord Stage 3は、Boss FS-6やBoss FS-7といった2段式モーメンタリー・ペダルでのプログラムの変更(アップ/ダウン)に対応しています。

2017/10/4 新製品発表会にて~演奏:飯野 桃子氏(テスラは泣かない。)

The Nord Stage 3 Compact

発売日

2017年12月下旬

販売価格

未定

Nord Stage 3 HP76

発売日

2017年12月下旬

販売価格

未定

The Nord Stage 3 88

発売日

2017年12月下旬

販売価格

未定(税抜¥400,000前後を予定)

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ