アナログ・エミュレーション・ソフトシンセ u-he Repro-1

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

u-he(ユーヒー)がアナログ・エミュレーション・ソフトシンセ「Repro-1」を発売します。「Repro-1」は、オリジナルとなるアナログシンセサイザーのサウンドを忠実に再現する”コンポーネント・レベル・モデリング”を採用したプラグインです。メーカーは公表しておりませんが、かつて1980年台に Sequencial Circuits 社より発売された「pro-one」をエミュレートしたソフトシンセのようです(あくまでデジランドの推測です)。

特長

  • クラシック・モノフォニックシンセをモデリングし、アナログサウンドを忠実に再現
  • 2 オシレーター:鋸波/ 矩形波、鋸波/ 三角波/ 矩形波の2 種類からなるPULSE WIDTH モジュレーションを搭載
  • アルペジエイター:Up、Up/Down、Latch モードを搭載
  • ホワイトノイズ・ジェネレーター
  • Tweek モード:パラメーターを細かく設定できる裏モード
  • ミキサー:低音をブーストをさせるフィードバック・パスを搭載
  • 5 つのビルトイン・エフェクト
  • 4 つの要素からなるフィルター
  • アンプ: ADSR エンベロープとカーブ・トリマーを搭載
  • 2 x 32 ステップシーケンサー
  • LFO:鋸波/ 三角波/ 矩形波の波形コンビネーションを搭載
  • 500 のファクトリー・プリセット
  • VST2, VST3, AU, AAX,NKS をサポート

u-he とは?

Urs Heckmann を中心にベルリンで創設。ハンス・ジマーやラインホルト・ハイル等の著名な作曲家との強力なリレーションシップを元にDAW 用のプラグインを開発しつづけている。

仕様

  • PC:Windows 7以降、VST2、AAX(*)
  • MAC:Mac OSX 10.7 以降、VST2、AU、AAX(*)
  • CPU:マルチコアCPU(Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャを推奨)
  • RAM:1GB 以上推奨
  • HDD容量:60MB以上の空き容量
  • ディスプレイ解像度:1000 x 600以上推奨
    • ※ 使用するDAWの使用環境に準ずる
    • ※ 32 / 64 bitのプラグインフォーマットに対応
    • ※ AAX はProToolsはver10.3.7以降に対応

フロントパネルは版権の問題なのでしょうか?こんなデザイン!基盤むき出しで見づらいですがそのうち慣れてきます。

プリセット画面

シーケンサー画面

限りなくファットなサウンドです。この値段でこのクオリティーはすごすぎます。

体験版も公開されておりますのでぜひお試しください。

発売日

2017年3月27日

販売価格

(税抜)¥13,000 (税込 ¥14,040)

JANコード:4534217626082

※本製品はライセンスとインストールガイドのみの提供となります。

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ