オーディオ・インターフェース機能付きUSB MIDIキーボード IK Multimedia iRig Keys I/O 25 / 49

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

iRigKeysIO_9

IK MultimediaがThe NAMM Show 2017にてオーディオ・インターフェース機能付きMIDIキーボード「iRig Keys I/O」を参考出品しています。

2017/8/24追記:IK Multimedia社より正式に発表されました

iRig Keys I/Oにはどちらもフルサイズキーボードを採用した49鍵と25鍵の2種類のラインナップがあるようです。本体にはタッチセンシティブ方式のコントローラーをはじめ、ノブやパッドが装備されています。

左からピッチベンド、モジュレーション、オクターブスイッチ、プログラムチェンジといったスライダーとスイッチ。

iRigKeysIO_4

iRigKeysIO_1

リアパネルには、ACアダプタ、ヘッドホン端子、Device端子、コンボジャック、ファンタム電源スイッチ、ペダルジャック等が見えます。これ一台でMIDIキーボードとオーディオ・インターフェースが揃ってしまうのでかなり重宝するアイテムとなりそうです。

iRigKeysIO_3

こちらは25鍵モデル。

iRigKeysIO_7

対応OS&デバイス等、機能の詳細や国内での発売時期、販売価格はすべて未定となっていますが、オーディオ・インターフェース機能付きのコンパクトなMIDIキーボードはとても希少ですので、日本国内での発売が待ち遠しいですね。発売が楽しみです。

プロ仕様のソフトウェアがバンドル

SampleTank 3のフル・ヴァージョン、オーケストラ音源、Miroslav Philharmonik 2 CE、ヴィンテージ・シンセ音源、Syntronik Pro-V、ミキシング / マスタリング用プラグイン・スイートのT-RackS 4 Deluxeなどが、製品のユーザー登録後、IKアカウントに提供されます。

スタンドも付属

主な特徴

  • iPhone/iPadおよびMac/PCに対応し、最高24-bit / 96kHz のオーディオ・インターフェース機能も内蔵した、コンパクト・サイズながらもオール・イン・ワンのMIDIキーボード・コントローラー。
  • シンセ・アクションのヴェロシティ対応フル・サイズ鍵盤を備えた49鍵、または25鍵の2機種をラインナップ。
  • スマートでエレガントなデザインの極めてコンパクトなボディ。
  • いつでも、どこでも、持ち運びが可能。
  • Apple MFi(“Made for iPhone and iPad”)に準拠し、Lightningケーブルも同梱。
  • モバイル機器用のスタンドも同梱。
  • いずれもカスタマイズ可能な、2つスライダー・ストリップ(初期設定はピッチ・ベンドとモジュレーション)、5つのタッチ・センシティヴ・ノブ、8つのヴェロシティ対応マルチカラー・パッドを装備。
  • Neutrik®コンボ入力端子を装備し、ライン、楽器、マイクロフォンを接続可能。
  • オン / オフ可能な48Vファンタム電源を搭載。
  • ステレオのバランス出力とヘッドフォン出力端子を装備。
  • USBバス・パワー、単3乾電池4本、別売の電源アダプタ(iOS機器への給電も可能)など、3種類の電源供給に対応。
  • ヴァーチャル・インストゥルメント、オーディオ・プロセッサーなど、総額約77,000円(iRig Keys I/O 25)/ 約97,000円(iRig Keys I/O 49)相当のプロ仕様ソフトウェア / モバイル・アプリが付属(製品のユーザー登録が必要です)。

発売日

2017年11月10日予定

販売価格

iRig Keys I/O 25

(税抜)¥26,000 (税込 ¥28,080)前後予定

iRig Keys I/O 49

(税抜)¥39,000 (税込 ¥42,120)前後予定

「midiキーボード」タグの関連記事

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ