【NAMM2017】AKAI 「MPC X」発表!スタンドアロンで動作する次世代のMPC

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

MPCX_ortho_web_1200x750

Akai Professional(http://akaipro.com/)が、スタンドアローンで動作するシーケンサー&サンプラー「MPC X」を発表しています。

MPCX_rear_web_1200x750

MPC Xは、スタンドアロンのMPC(パソコンを必要としない)として動作するグルーヴ・ギアです。10.1インチの大型マルチタッチ対応フルカラーディスプレイを装備。またMPC 2.0 software上でもコントロールサーフェスとして動作します。

パネルにはベロシティー対応感圧式パッドを16個、LED搭載の16個のQ-Linkコントロールノブを備え、伝統的なMPCスタイルのプレイが可能となっています。本体には16GBのオンボードストレージを備え、10GB以上のサウンド・ライブラリーが収録されています。

MPCX_angle2_web_1200x750

アナログターンテーブルを接続可能なアース付きRCAインプット、、MIDI入力×2, MIDI出力×4端子の他、8つのCV/Gate出力が装備されており、ユーロラックシンセ等との接続が可能となっています。また最新のミュージックプロダクションソフトである「MPC2.0」に対応、USB-A 3.0 × 2、USB-B × 1を備え、パソコンとの連携も可能なコントロールサーフェスとして動作します。なお今後のアップデートでAbleton Link と WiFi に対応予定とのこと。

MPCX_side_left_1200x750_web

接続例

0000

特徴

  • スタンドアロンのMPC(PCを使わず本体のみで動作可能)
  • 10.1インチのマルチタッチフルカラーディスプレイ
  • MPC 2.0 software上でもコントロールサーフェスとして動作
  • LED搭載の16個のQ-Linkコントロールノブ
  • アース付きRCAインプット(アナログターンテーブル接続可能)
  • 16GBのオンボードストレージ(10GB以上のサウンドコンテンツ収録)
  • MIDI入力×2, MIDI出力×4
  • フォノ、インストゥルメント、マイク、ライン入力
  • 8つのCV/Gate出力。ユーロラックシンセ等との接続が可能
  • USB-A 3.0 × 2、USB-B × 1
  • SDカードスロット
  • 拡張可能な2.5” SATA ドライブコネクター (SSD or HDD)
  • 今後のアップデートでAbleton Link と WiFi に対応予定

寸法

  • ディスプレイ収納時: 87.3(H) x 504.5(W) x 424.4(D)(mm)
  • ディスプレイスタンド時: 213.5 x 504.5 x 387.9(mm)

MPC2.0の動作環境

  • Controller モード: Windows 8.1 以上
  • Controller モード: Mac OS X 10.10.5 以上
  • MPC 2.0: 2GB以上のHD空き容量 (すべてのコンテンツをインストールする場合は20GB)
  • 最低 4GB のRAM (8GB推奨)
  • Dual-core 2.5GHz 以上のCPU。

同梱物

  • MPC X本体
  • 電源アダプター
  • USB ケーブル
  • ソフトウエアダウンロードカード
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書

発売日

2017年8月 予定

販売価格

MPC X
(税抜)¥238,888 (税込 ¥257,999)
JANコード:0694318017876

【関連記事】

「groove-gear」タグの関連記事

「サンプラー」タグの関連記事

↑ページトップ