ボカロを作る際に必要な機材が揃ったセット VOCALOID Starter Kit VY1V4

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

VocaloidStarterKit_VY1V4_3D_Front

YAMAHA(ヤマハ)より、ボーカロイドで音楽制作を始めるにあたって必要最低限なものを一式揃えたセット「VOCALOID Starter Kit VY1V4(ボーカロイド スターターキットVY1V4」が発売されます。

「VOCALOID Starter Kit VY1V4」は、「Cubase AI 9」と「VOCALOID4 Library VY1V4」と「VOCALOID Editor for Cubase」そして「UR12」をワンパッケージにしたDTMセットです。

DAWソフト「Cubase AI 9」
最大32オーディオトラック、48 MIDI トラック、16インストゥルメントトラックを装備した簡易版DAWソフトです。さまざまなヤマハ/スタインバーグ製品に付いているため体験要素が強いソフトですが、マルチ音源 HALion Sonic SE 2やドラム音源 Groove Agent SE を搭載しているため、ピアノやベース、ブラスやストリングス、ドラムなどの音色を使って簡単な作曲やアレンジを楽しむことができます。

さらに、アンプシミュレーターやリバーブ、ディレイやEQ、フィルターといった VST 3 エフェクトプラグインを28種搭載。MIDI 編集機能もなかなか充実しており、キーエディター(ピアノロール)、スコアエディター(楽譜表示)、ドラムエディター(ドラム用打ち込み画面)といった打ち込み編集ツールが用意されています。

大きな特徴としてはリアルタイムオーディオストレッチ / ピッチシフトテクノロジー “AudioWarp” を搭載している点。さまざまなテンポやキーの曲に対してオーディオファイルをリアルタイムに調整。オーディオトランジェント検出機能により、ドラムのループを思いのままに切り刻み、加工することも可能です。
Steinberg_cubase-ai-9_2

「VOCALOID Editor for Cubase」
必ずボーカロイドを使うのに必要なのがエディターです。こちらに歌声ライブラリー(V4 / V3 ライブラリ)を読み込ませることでボカロを発音することができます。VOCALOID Editor for Cubase を使えば、歌詞とメロディを入力するだけで歌声のパートを作ることができます。

ボーカリストを実際に招いて録音は、その環境はもちろんマイクなどの周辺機器が必要になります。楽器のパートと同じように音符データとして入力し歌詞を入れるだけで歌わせることができるのは、オリジナル曲を手軽に披露することができるようになります。「VOCALOID Editor for Cubase」の特徴として、Cubase のMIDI編集ツールを使って入力できる点があります。もちろん、MIDIキーボードを使っての歌唱も行えるため、その演奏をリアルタイムレコーディングできます。
VOCALOID4-Editor-for-Cubase

「VOCALOID4 Library VY1V4」
日本語の女性声の歌声ライブラリでキャラクター設定がないモデルとして人気の高い製品です。クリアな滑舌と力強く伸びのあるロングトーン、スムーズな発声によってさまざまなジャンルに対応します。収録アーティストの名前を伏せているのも特徴でキャラクター性を出さないことで、ボカロ音楽を制作する以外にもボーカルに渡すためのデモ曲の仮歌音源としても便利といえます。

本ライブラリは4つの声質(Normal、Soft、Power、Natural)で構成されており、「グロウル」「クロスシンセシス」など、V4の主要な新機能をすべて使用できます。

「VOCALOID4 Library VY1V4」の特徴はこちらもご覧ください。

オーディオインターフェース「UR12」
パソコンから音を出力する、あるいは入力するのに必要なのがオーディオインターフェースです。ほとんどのパソコンは簡易版のオーディオインターフェース(サウンドカード)を搭載していますが、これは音楽制作を向けではないため基本的に推奨していません。「UR12」は必要最小限の仕様にとどめたオーディオインターフェースで、ヘッドホンやスピーカーを接続することでCubaseの音を出力できるようになります。また、インターネットやアプリの音声をCubaseに返して録音、逆にCubaseの音声をアプリに返して出力できるループバック機能も搭載。生放送にも使うことができます。

「UR12」の特徴はこちらもご覧ください。

steinberg-ur12-1525

「VOCALOID スターターキット」バンドル内容

  • スタインバーグ USBオーディオインターフェース「UR 12」
  • ヤマハ Cubase 専用ボーカロイドエディター「VOCALOID Editor for Cubase」
  • ヤマハ ボーカロイド歌声ライブラリー「VY1V4」
  • スタインバーグ スペシャル体験バージョンDAWソフト「Cubase AI9」

動作環境:『VOCALOID Starter Kit VY1V4』

  • 対応 OS:OS X El Capitan / macOS Sierra  / Windows 7 / 8.x / 10 (64bit)
  • CPU:64-bit Intel / AMD マルチコアプロセッサー (Intel i5 以上推奨)
  • 必要メモリー:4GB (8GB 以上推奨)
  • ハードディスク空き容量:32GB 以上
  • ディスプレイ解像度:1366×768 (1920×1080 推奨)
  • グラフィック:DirectX 10 / WDDM 1.1 対応グラフィックボード(Windows のみ)
  • その他
    • ダブルレイヤーDVD-ROM ドライブ、インターネット接続環境:インストーラーダウンロード、ライセンスアクティベーション、ユーザー登録など(インストール時にファイルのダウンロードが必要となります)

VocaloidStarterKit_VY1V4_3D_Angle

発売日

2017年128

販売価格

VOCALOID Starter Kit VY1V4(SFVOCALOIDSTKIT)
(税抜)¥25,000 (税込 ¥27,000)
JANコード:4513744076829

「vocaloid」タグの関連記事

↑ページトップ