6インプット / 8トラックのマルチトラック・フィールドレコーダー ZOOM F4

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

zoom_f4_lead-2_0

X ZOOM ( ズーム )が映像におけるサウンドを全く新たなレベルに引き上げる、6インプット/8トラックレコーディングのマルチトラック・フィールドレコーダー「F4」を発売します。

妥協なきプロ仕様

ZOOM-F4_Left_872b

超低ノイズ設計のマイクプリアンプ

ZOOM-F4_RearFacts_885

上位モデル『F8』と同様の、最高水準のマイクプリアンプを搭載。最高24ビット/192kHzまでのハイレゾ録音が可能なクリアな音質を実現。しかも超低ノイズフロア(-127dBu EIN)、ハイゲイン(最大75dB)。さらに、PAミキサーや放送機器など業務用音響機器で標準の+4dBラインレベル入力にも対応。

24時間で誤差 0.5フレーム以内!正確無比なタイムコード

タイムコード・ジェネレータにTCXO(温度補償水晶発振器)を採用、同価格帯では類をみない、0.2ppm(24時間で誤差 0.5フレーム以内)の正確なタイムコードの生成を実現。オーディオと映像の完璧な同期が可能です。また、一般的なドロップフレーム、ノンドロップフレームのすべてに対応し、 外部機器からのタイムコードに対するジャムシンクにも対応。タイムコードの入出力にはポピュラーなBNCコネクターを採用しています。

Zoom-F4_Front_872

オーバーロードを防ぐ、強力な内蔵リミッター

音量差が激しい環境下での収録でもオーバーロードによる歪みをしっかりと防ぐ新設計のリミッターを内蔵。4チャンネルの入力それぞれに独立して使用でき、10dBのヘッドマージンを持つことにより通常のリミッターより歪みにくく、信号を設定したスレッショルド以下に抑えることができます。スレッショルド、アタック、リリースなどの細かな設定も可能です。

ZOOM-F4-TopFacts_665

堅牢性と軽量性を同時に実現

金属製ボディを採用したコンパクトな『F4』。堅牢かつ高い耐久性を確保しつつも、わずか約1kgの軽量性も同時に実現。三脚にマウント可能なほか、付属のカメラマウントアダプタを使用すれば、DSLRカメラにもマウント可能です。

充実のレコーディング機能

マルチトラックレコーディング

4系統のXLR/TRSインプット、3.5mmステレオインプット、さらにZOOMマイクカプセルインプットを装備し、最大6トラックとステレオトラックの合計8トラックのマルチトラックレコーディングが可能。しかも最高24ビット/192kHzでのハイレゾレコーディングをサポート。

カメラリターン

インプット5/6はモニター用のカメラリターンとしても使用可能。DSLRカメラの音声出力をRTN(インプット5/6)端子に入力することで、録音することなくヘッドフォンからモニターすることができます。

2枚のSDカードに同時録音

Zoom_F4_SD-Slant

最大512GBのSDXCカードに対応する2つのSDカードスロットを装備する『F4』は、2枚のSDカードへの同時録音が可能。1 枚のカードが途中で音飛びしてしまった場合などのバックアップ用として使用できます。また、一方のSD カードにはミックス前の 1〜6 トラックを、もう一方のSD カードにはすべてのトラックをミックスした L/R トラックのMP3 データを録音する、スプリットレコーディングも可能です。

※ 動作確認済みSDカードはこちらから。

ファイル保護機能

録音中のオーディオデータは定期的にSDカードへ記録されます。これにより、電池切れや誤ってSDカードを取り外してしまった場合など、予期せぬトラブルが発生しても録音データを失ってしまうことがありません。

デュアルチャンネル録音

インプット1/2には、通常の録音に加えて、異なる入力レベルに調節した音声をもう1つのファイルに録音する「デュアルチャンネルRECモード」を搭載。たとえば、通常の録音のほかに入力レベルを12dB 下げたデュアルチャンネル録音を行うことで、通常の録音トラックのレベルが高すぎて歪んでしまったときなどに、差し替えることができます。

素早く設定できるショートカット

ショートカット機能により主なメニューや機能に簡単にアクセス可能。たとえば、[OPTION]ボタンと任意のトラックキーの同時押しにより、外部タイムコードとジャムシンクする「TC Jam」、複数トラックの入力レベルを同時に調節する「Trim Link」、クリップインジケーターのクリアなど、各種設定メニューの呼び出しや操作をスピーディーに行うことが可能です。

シチュエーションを選ばない3電源対応

『F4』は単三乾電池8本で駆動できるほか、9〜16Vの外部DC電源を4ピンHIROSEコネクタで接続して使用することも可能。外部DC電源のシャットダウン電圧を設定し、電圧が下回った際に自動的に乾電池駆動に切り替えて、レコーディングを継続させることも可能です。また、付属ACアダプタ(AD-19)をHIROSEコネクタに接続できるDC-HIROSEケーブル(DHC-1)が同梱され、屋内ではコンセントからの安定した電源供給で駆動させることもできます。

zoom-f4_DC-HIROSE_J

2チャンネル分の外部入力をプラス

Zoom_F4_EXH-6_me1c

ZOOM独自のマイクカプセル用インプットを装備する『F4』は、別売マイクカプセルの接続により、さらに幅広いレコーディングに対応します。たとえば、EXH-6 XLR/TRSコンボ入力を装着すれば、『F4』本体の4系統に加え、もう2系統の外部入力をプラス。合計6系統のXLR/TRS入力を備えるレコーダーとして使用可能です

f4-panel-product-upclose4_0

ZOOMマイクカプセルを使用可能

zoom_f4_capsule-me2

用途に合わせてマイクカプセルを交換してレコーディング。大口径ダイヤフラムを採用したXYステレオマイク『XYH-6』、ショックマウント搭載XYステレオマイク『XYH-5』、ステレオ幅を自在に可変できるMSマイク『MSH-6』、超指向性ショットガンマイク『SGH-6』、ステレオ仕様のショットガンマイク『SSH-6』、すべてのZOOM製別売マイクカプセルに対応します。専用延長ケーブルを使用すれば、マイクカプセルを自在なポジションにセットすることも可能です。

多彩な入出力をサポート

 

インプット

ZOOM-F4_Left_872b

Neutrikタイプのロック機構付きXLR/TRSコンボコネクターを4系統独立で装備。各インプットにはゲイン調整ノブ付きのプリアンプ、ファンタム電源、6セグメントLEDレベルメーター、録音スタンバイスイッチ、PFLスイッチを個別に装備。トラック5/6用にはステレオミニのラインインプット、またはZOOMマイクカプセルを使用可能。また、録音レベルのチェックに便利な、様々な周波数で発振可能なスレートトーンジェネレータを搭載。

アウトプット

ZOOM-F4-Right_872b

標準ステレオジャックの専用ボリューム付きヘッドフォン端子に加え、4系統のアウトプットを装備。外部ミキサーやエフェクトプロセッサーへの接続に便利な2系統のXLRバランス出力に加え、カメラとの接続に便利な2系統のミニステレオ出力も装備。また、フロントパネルのOUTPUTボタンで出力レベルや信号のルーティング設定などの機能に簡単にアクセスできます。

タイムコード、USBポート

タイムコードの入出力にはBNCコネクターを採用。USBポートはファームウェアのアップデートや録音ファイルの転送に便利です。また、最高96kHz対応の6イン/4アウトのUSBオーディオインターフェースとしても動作可能です。

あらゆる環境下で鮮明な液晶表示

zoom_f4_slantClose-3

光量の少ない暗い場所や屋外の直射日光の下での収録、あるいはホコリの多い場所などの厳しい環境下でも高い視認性を発揮する、1.9インチのホワイトバックライト液晶を採用。見やすく鮮明な画面でレコーダーの動作状況や各種設定を快適にモニターできます

柔軟なヘッドフォンモニター

f4-truck-underhood

収録現場やプロジェクトのニーズに応じたフレキシブルなモニタリング環境を提供する、豊富な設定オプションを用意。どのトラックの音をモニターするかを自由に選べ、プリフェーダー/ポストフェーダーを指定できるほか、ヘッドフォン出力をモノラルに切り替えることも可能。出力100mWのヘッドフォンアンプを内蔵し、ノイズの多い環境でも余裕の音量でモニタリングできます。バッテリー消耗時や、録音のスタート/ストップ動作、録音エラーが発生した際に、ヘッドフォンに通知音を送ることも可能です。

パワフルな内蔵ミキサー

内蔵ミキサーでは、全インプットから全アウトプットへの自由なルーティング、プリフェーダー/ポストフェーダーの切り替え、レベル、パン、インプット/アウトプットディレイの設定がフレキシブルに行なえます。また、全インプット/アウトプットそれぞれに独立して使用できる内蔵リミッターに加え、ウィンドノイズの低減に便利なハイパスフィルターやフェイズ反転、MSデコーダーも使用可能です。

録音フォーマット

『F4』はBWF互換のWAVフォーマット、またはMP3フォーマットに対応。WAVフォーマットでは、16または24ビットの解像度で、サンプリング周波数は最高192kHzまでをサポート。MP3フォーマットでは、128、192、320kbpsの各種ビットレートが選択できます。

ファイル管理はロジカルに

SDカード上に記録された録音ファイルは、シーン別/テイク別のフォルダに分かりやすく整理され、ポストプロダクション作業を容易にします。さらに、『F4』本体の操作で、テイク名やフォルダ名などのリネームや、時刻/日付/プロジェクト名/シーン番号等を記録できるメタデータ(BWF/iXML対応)の編集も行えます。

DAWソフトを無償バンドル

スタインバーグ製の音楽制作ソフトCubase LEと、オーディオ編集ソフトのWaveLab LEのダウンロードライセンスを無償バンドル。USBオーディオインターフェイス機能を使用して音楽制作をする場合や、録音済みの音源をさらにプロレベルの音に仕上げたい時、世界中のクリエイターが愛用している最先端でパワフルなDAWソフトを無償ダウンロードしてご利用いただけます。

現在の無償バンドルソフト:

Cubase LE8 (Mac OS X 10.9 / 10.10 / 10.11用、Windows 7 / 8 / 8.1 / 10用)

WaveLab LE9 (Mac OS X 10.10 / 10.11用、Windows 7 / 8 / 8.1 / 10用)

zoom_f4_sizing

特徴

  • ミキサー内蔵、6チャンネル入力/8トラック録音のフィールドレコーダー
  • ロック機構付きNeutrik XLR/TRSコンボインプットを4系統装備(INPUT 1~4)
  • モニター用カメラリターンとしても利用可能なステレオミニ入力(INPUT 5/6)
  • 堅牢なメタルボディを採用しながら、約1kg(電池含まず)の軽量コンパクト設計
  • 最大75dBのゲイン、-127dBu EIN以下の超低ノイズフロア、+4dBライン入力に対応の高品位マイクプリアンプを搭載
  • 最高24ビット、192kHzレコーディングのほかに96kHz、88.2kHz、48kHz、44.1kHzの各種サンプリングレートに対応
  • さらに16/24ビット、47.952kHz/48.048kHz HDビデオ互換レートにも対応
  • 高精度タイムコード(0.2ppm)入出力にBNCコネクターを採用、ドロップフレーム/ノンドロップフレーム、ジャムシンクに対応
  • 3タイプの電源に対応:単三乾電池×8本、外部DCバッテリーパック、12V ACアダプター(AD-19付属)を使用可能
  • DCバッテリーパックから内蔵乾電池への電源自動切換え機能(切替時の電圧レベル設定可能)を搭載
  • 各プリアンプともファンタム電源(+48V/+24V)を供給可能
  • ハイパスフィルター、位相反転、MSデコーダー内蔵
  • インプット、アウトプットにリミッターを内蔵
  • 各インプットに最大30msecのインプットディレイ、各アウトプットに最大10フレームのアウトプットディレイを搭載
  • ZOOMマイクカプセルを接続可能。オプションの延長ケーブルを使用すれば自在なマイクアングルにセット可能
  • ボリュームコントロール付きヘッドフォン端子(出力100mW)を装備
  • 2系統のXLRバランス接続メインアウト、ステレオミニジャックのサブアウトを装備
  • 主要な機能に素早くアクセスできる、ショートカットコマンドを用意
  • 1.9インチ、ホワイトバックライトのモノクロLCDを搭載
  • SD/SDHC/SDXCカードスロットをデュアルで装備、各カードとも最大512GBまで対応
  • BWF準拠WAVまたはMP3フォーマットで録音可能
  • 時刻、日付、プロジェクト名、シーン番号等の記録に便利なメタデータ(BWF、iXML)に対応
  • F4本体を三脚にダイレクトにマウント可能、カメラマウントアダプター付属
  • 6イン/4アウトのUSBオーディオインターフェイス(最高96kHz)としても使用可能

※ 『F4』は三脚にマウントすることができ、付属のマウントブラケットでカメラにもマウントすることができます。

※ 『F4』はBluetooth機能を搭載していないため、F8用iOSアプリは使用できません。ご注意ください。

f4-panel-boom-backcar

アクセサリ

F4パッケージには、以下のものが同梱されています。

  • カメラマウントアダプタ
  • 12V ACアダプタ (AD-19)
  • バッテリーケース (BCF-8)
  • DC-HIROSEケーブル (DHC-1)
  • 取扱説明書
  • Steinberg Cubase LE (ダウンロード・ライセンス)
  • Steinberg WaveLab LE (ダウンロード・ライセンス)

別売アクセサリ

  • F4/F8用プロテクティブケース (PCF-8)
  • F4/F8用バッテリーケース (BCF-8)
  • マイクカプセル用延長ケーブル(ECM-3)
  • マイクカプセル用延長ケーブル(ECM-6)
  • XYマイクカプセル (XYH-5)
  • XYマイクカプセル (XYH-6)
  • MSマイクカプセル (MSH-6)
  • ショットガンマイク・カプセル (SGH-6)
  • ステレオ・ショットガンマイク・カプセル (SSH-6)
  • XLR/TRSコンボカプセル (EXH-6)

仕様

  • 記録メディア
    • SD デュアルスロット搭載:
    • SD カード16MB ~ 2GB
    • SDHC 規格対応カード4GB ~ 32GB
    • SDXC 規格対応カード64GB ~ 512GB
  • INPUT1 ~ 4
  • コネクタ:XLR/TRS コンボジャック(XLR:2 番ホット TRS:TIP ホット)
  • XLR 入力(MIC)
    • 入力ゲイン:+10 ~ +75 dB
    • 入力インピーダンス:3 k Ω以上
    • 最大入力レベル:+14 dBu(@0 dBFS、リミッターON)
    • ファンタム電源:+24/+48V 各チャンネル最大10 mA
  • TRS 入力(LINE)
    • 入力ゲイン:‒10 ~ +55 dB
    • 入力インピーダンス:22 k Ω以上
    • 最大入力レベル:+24 dBu(@0 dBFS、リミッターON)
  • 入力換算雑音:‒127 dBu 以下(A-weighted, 入力ゲイン+75 dB, 150 Ω input)
  • 周波数特性:10 Hz ~ 80 kHz +0.5 dB/–1.5 dB (192 kHz sample rate)
  • A/D ダイナミックレンジ:120 dB typ(–60 dBFS 入力、A-weighted)
  • クロストーク:–90 dB 以下(隣接チャンネル間, 1 kHz)
  • MIC IN(INPUT 5/6):ズームマイクカプセル入力。RTN(INPUT 5/6)と排他的に使用可能
  • RTN(INPUT 5/6)
    • コネクタ:3.5mm ステレオミニ
    • 基準入力レベル:–10 dBV / +4 dBu
    • 入力インピーダンス:10 k Ω以上
    • 最大入力レベル:+10 dBV (Level: –10dBV) +24 dBu (Level: +4dBu)
  • MAIN OUT 1/2
    • コネクタ:XLR バランス出力 2 番ホット
    • 出力インピーダンス:150 Ω以下
    • 基準出力レベル:–10dBV 1kHz, 600 Ω負荷
    • 最大出力レベル:+10dBV 1kHz, 600 Ω負荷
  • SUB OUT 1/2
    • コネクタ:3.5mm ステレオミニ アンバランス出力
    • 出力インピーダンス:1 k Ω以下
    • 基準出力レベル:
      • ‒10 dBV (Output Type: Normal)
      • ‒40 dBV (Output Type: Mic)1 kHz, 10k Ω負荷
    • 最大出力レベル:
      • +10 dBV (Output Type: Normal)
      • ‒20 dBV (Output Type: Mic)1 kHz, 10k Ω負荷
  • HEADPHONE
    • コネクタ:1/4″ ステレオ アンバランス出力
    • 出力インピーダンス:15 Ω以下
    • 最大出力レベル:100 mW + 100 mW (32 Ω負荷)
    • D/A ダイナミックレンジ:106 dB typ(–60 dBFS 入力、A-weighted)
  • 記録フォーマット:WAV 選択時
    • 対応フォーマット:44.1, 47.952, 48, 48.048, 88.2, 96, 192 kHz
    • 16/24-bit
    • モノ/ ステレオ/2-8 ch ポリ
    • BWF 及びiXML フォーマット対応
  • 最大同時録音トラック:
    • 8 トラック(インプット6 トラック+ LR MIX 録音 サンプリングレート192 kHz 時)
  • 記録フォーマット:MP3 選択時
    • 対応フォーマット:128, 192, 320 kbps 44.1 kHz, 48 kHz ID3v1 タグ対応
    • 最大同時録音トラック:2 トラック
  • 録音時間
    • 32GB カードの場合:
    • 30 時間51 分(WAV 48 kHz/24-bit ステレオ)
    • 7 時間42 分(WAV 192 kHz/24-bit ステレオ)
  • タイムコード
    • コネクタ:BNC
    • モード:Off, Int Free Run, Int Record Run, Int RTC Run, Ext, Ext Auto Rec
    • (オーディオクロックをタイムコードに同期可能)
    • フレームレート:23.976ND, 24ND, 25ND, 29.97ND, 29.97D, 30ND, 30D
    • 精度:±0.2 ppm
    • 入力可能レベル:0.2 – 5.0 Vpp
    • 入力インピーダンス:4.3 k Ω以上
    • 出力レベル:3.0 Vpp ± 10%
    • 出力インピーダンス:50 Ω以下
  • 電源
    • バッテリー:単3電池 × 8本
    • AC アダプタ:DC12V/ 2A /センタープラス (AD-19付属)、DC-HIROSE ケーブル (DHC-1付属)経由
    • 外部DC 電源:HIROSE 4 ピンコネクタ HR10A-7R-4S(1 ピン:- 4 ピン:+) 9-16V
    • 消費電力:12W
  • 連続録音時間 <48KHZ/16BIT 2CH SD1へ録音>
    • アルカリ乾電池:9.5 時間以上
    • NiMH (2450mAh):11.5 時間以上
    • リチウム乾電池:17.5 時間以上
    • ※ MAIN/SUB OUT=OFF、TIME CODE=OFF、LED Brightness=5 ヘッドフォン32Ω負荷 PHANTOM=OFF
  • 連続録音時間 <48KHZ/24BIT 4CH SD1へ録音>
    • アルカリ乾電池:9 時間以上
    • NiMH (2450 mAh):10.5 時間以上
    • リチウム乾電池:16.5 時間以上
    • ※ MAIN/SUB OUT=OFF、TIME CODE=OFF、LED Brightness=5 ヘッドフォン32Ω負荷 PHANTOM=OFF
  • 連続録音時間 <192KHZ/24BIT 4CH SD1/SD2へ録音>
    • アルカリ乾電池:2 時間以上
    • NiMH (2450 mAh):3.5 時間以上
    • リチウム乾電池:6 時間以上
  • 表示
    • 1.9”モノクロLCD:128 x 64 pixels、ホワイトバックライト付き
  • USBマスストレージクラス動作
    • クラス:USB 2.0 High Speed
  • USBオーディオインターフェース動作: MULTI TRACK
    • クラス:USB 2.0 High Speed
    • 仕様
      • 入出力チャンネル数: 6IN/4OUT
      • サンプリングレート: 44.1/48/96kHz
      • ビットレート: 16/24bit
      • ※ PC にはドライバ必要。Macはドライバ不要で利用可能。
  • USBオーディオインターフェース動作: STEREO MIX
    • Class:USB 2.0 High Speed
    • 仕様
      • 入出力チャンネル数: 2IN/2OUT
      • サンプリングレート: 44.1/48 kHz
      • ビットレート: 16
      • ※ PC/Macともにドライバ不要で利用可能。
      • ※ iOS デバイス用オーディオインターフェース動作サポート(ステレオモードのみ)
  • 外形寸法
    • 本体:177.8 mm(W) x 141.1 mm(D) x 54.3 mm(H)
    • 質量:本体のみ:1030 g

発売日

2016年9月

販売価格

(税抜)¥70,000 (税込 ¥75,600)

 

「レコーダー」タグの関連記事

 

↑ページトップ