YAMAHAシンセサイザー「MXシリーズ」がリニューアル!カラーバリエーションも登場

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

MX4961_01

YAMAHA(ヤマハ)がエントリーモデルのミュージック・シンセサイザー「MX シリーズ」のカラーを一新したモデル『MX49 BK』、『MX49BU』、『MX61 BK』、『MX61 BU』の4機種を発売します。

MX シリーズは「良い音を気軽に持ち運ぶシンセサイザー」をコンセプトとした軽量コンパクトボディー、高品位な音色が特長のシンセサイザーです。なおこのモデルから専用ソフトケースが付属。また高品位な音源を活用できる、有名楽曲の再現音色を始めとした様々な音色コンテンツも提供されます。

MX49 BK

MX49BK_o_0001

MX49BK_b_0001

MX49 BU

MX49BU_o_0001

MX49BU_b_0001

MX61 BK

MX61BK_o_0001

MX61BK_b_0001

MX61 BU

MX61BU_o_0001

MX61BU_b_0001

MX49 BK, MX49 BU, MX61 BK, MX61 BU の特長

気軽に持ち運べる軽量コンパクト設計

リハーサルスタジオ、ライブ会場、学校などどんな場所でも持ち運んで使えるよう軽量かつコンパクトな設計を施しました。MX49 BK/BU で3.8kg、MX61 BK/BU で4.8kg とエレクトリックギター並みの軽量。かつ、本体サイズは奥行きを最小限にしたコンパクト設計。手を入れやすいよう底面に持ち手用の窪みを作るなど、持ち運びやすさにも配慮したデザインを施しています。

専用ソフトケースを付属

『MX61 BKBU』専用ソフトケース

これまで別売だった専用ソフトケースを付属し、「良い音を気軽に持ち運ぶシンセサイザー」としてワンパッケージで購入できるように

なりました。

イメージを一新する新たなカラーバリエーション

前モデルのカラーリングをベースにしながら、イメージを一新。ステージ上での視認性を高めるべく新たなカラーリングを施したブラックモデル(BK)に加え、アクティブさを強くアピールするブルーモデル(BU)をラインナップしました。

MOTIF シリーズ直系の高品位音源

音質に定評のあるMOTIF シリーズ直系の音色を1,000 音色以上搭載。ピアノやエレクトリックピアノといった鍵盤楽器はもちろん、バンドでよく使われるストリングス、シンセブラス、シンセリードに至るまで広範な音色カテゴリーを網羅しています。さらに、音の最終的な味付けとなるエフェクターもMOTIF 譲りのVCM(Virtual Circuitry Modeling)エフェクトやREV-X (高品位なリバーブ)エフェクト、マスターEQ を搭載。まさに「MOTIF シリーズ」を継承したプロレベルのサウンドが手に入ります。

音色ダウンロードサービス 『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』

製品ページにリンクされた『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』から音色データを自由にダウンロードし、本体にロード可能。著名バンドの曲で使われた音色をMX シリーズ上で再現したデータを始め、バンドで即戦力となる音色データを自由に手に入れられます。

演奏に必要な操作をシンプルに行えるユーザーインターフェース

演奏に必要な基本操作には専用ボタンが用意され、複雑な操作は必要ありません。例えば、パネル上には16 個の楽器カテゴリーボタンが配置され、ピアノ、キーボード、ストリングスなど楽器カテゴリーから音色を選択できます。さらに、2 つの音色を重ねるレイヤー、音域ごとに配置するスプリットの設定も専用ボタンで可能。シンセサイザーが初めての方にも優しいユーザーインターフェースです。

PC、Mac と接続しての音楽制作に対応

53976_12083_1

MX シリーズ本体とPC をUSB ケーブルで接続するだけで、MIDI データだけでなくオーディオデータもやり取りできるUSB オーディオMIDI インターフェース機能を搭載。さらに、DAW ソフトウェアCubase シリーズの特別バージョン「Cubase AI」の最新版をダウンロードできるダウンロードインフォメーションを同梱。PC、Mac と接続しての音楽制作が可能です。

iPhone / iPad との連携を強化

USB Class Compliant に対応しており、iPhone、iPad とLightning – USB カメラアダプタを介してUSB 接続することで、iPhone, iPad の音声をMX シリーズ本体から出力可能。同時にiPhone, iPad上の音楽系App をMX の鍵盤で演奏できるなど、iOS デバイスと接続して演奏する先進の環境に対応しています。

無料のFM 音源App 『FM Essential』や、Steinberg 社のiPad 用App『Cubasis LE』はそれぞれ、単体では機能制限がありますが、MX49 BK/BU, MX61 BK/BU を接続することで制限が解除され、フル機能を使えるようになります。これによりiPhone を拡張音源として使用したり、iPad で音楽制作することが可能です。

主な仕様

  • 鍵盤
    • MX49 BK/BU: 49鍵(イニシャルタッチ)
    • MX61 BK/BU: 61鍵(イニシャルタッチ)
  • 音源部
  • 音源方式:AWM2
  • 最大同時発音数:128音
  • マルチティンバー数:内蔵音源16パート
  • 波形メモリー:166MB相当(16bitリニア換算)
  • ボイス数
    • プリセット: 1106ノーマルボイス+61ドラムキット
    • (GM: 128ノーマルボイス+1ドラムキット)
    • ユーザー: 128ノーマルボイス+8ドラムキット
  • パフォーマンス数:ユーザー: 128音色(16パート)
  • エフェクト
    • リバーブ×9タイプ(42プリセット)、コーラス×17タイプ(88プリセット)、インサーション×48タイプ(267プリセット)×4系統、マスターEQ(5バンド)
  • シーケンサー部
  • シーケンスプレイ:SMFフォーマット0(再生のみ)
  • テンポ(BPM):5~300
  • リズムパターン数 208パターン
  • ソング数:デモソング:27曲
  • アルペジオ:999タイプ
  • その他
  • リモート対応ソフトウェア
    • <Windows>Cubase 8以降、SONAR X2 Producer
    • <Macintosh>Cubase 8以降、Logic Pro X、Digital Performer 9
  • ※ 各ソフトウェアの機能によって、リモートコントロールできる内容が異なります。
  • 主な操作子:ピッチベンドホイール×1、モジュレーションホイール×1、アサイナブルノブ×4、[DATA]ダイアル×1
  • ディスプレイ:3桁LED + 20×2行キャラクターLCD(バックライト付)
  • 接続端子
    • OUTPUT [L/MONO]/[R](標準フォーンジャック)、[PHONES](ステレオ標準フォーンジャック)、[FOOT CONTROLLER]、[SUSTAIN]、MIDI [IN]/[OUT]、USB [TO HOST]/[TO DEVICE]、[AUX IN]、DC IN
  • 消費電力:9 W
  • 寸法・質量
    • MX49 BK/BU: 830(W) x 298(D) x 91(H)mm、3.8kg
    • MX61 BK/BU: 984(W) x 299(D) x 112(H)mm、4.8kg
  • 付属品:電源アダプター(PA-150Bまたはヤマハ推奨の同等品)、保証書、取扱説明書、Cubase AI Download Information

発売日

2016年9月1日

販売価格

MX49 BK SMX49BKJAN

(税抜)¥60,000 (税込 ¥64,800)

コード:4957812606479

MX49 BU SMX49BUJAN

(税抜)¥60,000 (税込 ¥64,800)

コード:4957812606547

MX61 BK SMX61BKJAN

(税抜)¥72,000 (税込 ¥77,760)

コード:4957812606226

MX61 BU SMX61BUJAN

(税抜)¥72,000 (税込 ¥77,760)

コード:4957812606301

【関連記事】

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ