【NAMM 2016】バーチャル・ピアノ・インストゥルメント・ハード音源 Synthogy Ivory II VR

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Ivory II VR00

Synthogy(シンソジー)がバーチャル・ピアノ・インストゥルメント・ハード音源「Ivory II VR」を発表しました。「バーチャル・インストゥルメント」の「ハード音源」というとややこしいですが、要はソフトシンセを内蔵したハード音源ということになります。「Ivory II VR」は、Synthogyの最高のピアノ音源「Ivory II」をUSBフラッシュにインストール。ビルトイン・オーディオ・プロセッシング、マイク/ライン入力、Vixanoミキシング機能をコンパクトなボディー(2U、1/2 ラックサイズ)にまとめた可搬性に優れた製品です。

Ivory II VR01

音源を内蔵したハードということで、パソコンいらずでIvory IIのピアノサウンドを持ち運べるというのはありがたいですね。またピアノ演奏メインのプレーヤーにとって、ソフトシンセを使用する演奏というのはどうしてもパソコンやドライバー周りのトラブルに悩まされるケースも少なくはありません。

リアパネル

Ivory II VRrear

  • コンボジャック✕2
  • バランス出力✕2
  • AES3
  • HDMI
  • NETWORK(Ethernet)
  • USB2ポート
  • MIDI IN/OUT
  • WiFiアンテナ

マイクインプット(コンボジャック)装備し、外部ミキサーが不必要なので、弾き語りパフォーマンス等に最適な仕様になっています。パソコンとネットワーク&WiFi接続可能。

特徴

  • Synthogy「Ivory II virtual pianos」専用ハード音源
  • Ivory II-Grand Pianos, Ivory II American Concert D & Ivory II Italian Grand,または Ivory II Upright Pianosをインストール可能
  • Ivory II DSPによるハーモニック・レゾナンス、 トゥルーストリングレゾナンスを再現した最高のピアノ演奏が可能
  • マイクインプット装備でダイレクトレコーディングやパフォーマンスが可能。外部ミキサーが不必要で弾き語りパフォーマンスに最適
  • 200音ポリフォニック
  • ビルトインVixano Digital Mixerで、ピアノ、マイク/ライン入力のプロフェッショナルレベルのミキシングが可能
  • ネットワーク&WiFiによりパソコンやタブレット、スマートフォン等との接続が可能。
  • Vixano 24 bit/ 96kHz オーディオ・プロセッシング・エンジンによる最高のサウンドクオリティーとパフォーマンスを実現
  • パソコンいらずのプラグアンドプレイ

ハードウエア仕様

  • 高品位プリアンプ内蔵のプロ仕様オーディオ・クオリティー。高出力 (26dBu)
  • 2U、1/2 ラックサイズのコンパクト・デザイン。スタンドアロン/ラックマウントでステージピアノ等のキーボードで演奏可能。
  • エレガントなフロントパネル、視認性に優れた傾斜パネル、ワンタッチですべてのプリセット、コントロールが可能
  • 4つのUSB3ポートを装備。 Ivory IIのエキスパンション・フラッシュドライブを使用可能
  • 柔軟なバスルーティングと拡張可能なエフェクトライブラリで、スタジオクオリティーのミキシングが可能
  • 2つのマイク/ライン・インプットの信号とピアノサウンドをミキシング可能。外部ミキサーは不必要
  • Vixano V-Setsによりフェイバリットピアノ・セッティング、インプットプリアンプ/EQ、ミキサーセッティングがリコール可能
  • NETWORK(Ethernet)またはWiFi、ラップトップ、デスクトップPC、タブレット等のデバイスのwebインターフェースプラットフォームよりフレキシブルコントロール可能。
  • 2 XLR in、2 XLR out、AES 3、1/4″ ヘッドホンジャック、 USB2、Ethernet、WiFi、MIDIポート

発売日

未定

販売価格

未定 (米国内での価格は$1500程度とのこと)

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ