【NAMM 2016】どこにでも配置できるワイヤレスマイクスタンド audio-technica ATW-T1007J

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ATW-T1007J”SYSTEM10”seriesの可能性を広げる新たなソリューション会議やプレゼンテーションに最適な高いユーザビリティを実現するワイヤレスマイクスタンド「ATW-T1007J」を発売します。

※本製品を運用するには別売のaudio-technica社製レシーバー、グースネックマイクロホンが必要です。

さまざまなミーティングルームでの利用に最適

  • どこにでも配置できるワイヤレストランスミッター
  • グースネック型コンデンサーマイクロホン、ダイナミックマイクロホンを接続可能
    • 出力コネクタがXLR-M 3PIN のグースネックマイクロホンに対応
    • ファントム電源DC12V を供給
  • 操作時にクリックノイズが出ない静電容量式タッチスイッチ
  • トークスイッチ動作やゲイン、ローカットを設定調整するボトムスイッチ
  • スタンダードモード、カンファレンスモードを採用
    • 用途に応じてLED の表示パターンを緑/ 赤または赤/ 消灯に切り替え
  • 携帯電話や電波に対する高いRF ノイズ耐性

最大約9時間の連続運用が可能

  • 充電式電池を採用し、長時間の使用でもストレスフリー
    • 電池が空の状態で約2 時間の急速充電(90%)に対応
  • USB 電源に接続でき、ケーブルをつないだままでの使用も可能

安定運用を実現する3つのダイバーシティとリアルタイム双方向通信

  • 3 つのダイバーシティ
    • スペース、周波数、時間による3 つのダイバーシティにより、安定した音声通信を実現
  • リアルタイム双方向通信で干渉周波数を自動回避
    • トランスミッターとレシーバー間でリアルタイムに双方向通信を行い、干渉周波数を自動で回避
    • 過酷な無線LAN 環境下や突発的な妨害電波の発生時においてもドロップアウトを回避

かんたんセットアップ

  • ユーザーによるチャンネル設定が不要な自動設定機能を搭載
  • ”SYSTEM10”series のレシーバーに対応
    • ATW-RC13J では最大10 チャンネル、ATW-R1100J では最大8 チャンネルの同時使用が可能

仕様

  • 入力端子:XLR-F 3PIN
  • 入力インピーダンス:約1.4kΩ
  • 周波数特性:20 ~ 20,000Hz
  • ローカット:80Hz、18dB/oct
  • オーディオサンプリング:24bit/48kHz
  • マイクバイアス電圧:DC +12V
  • 送信出力:10mW
  • 内蔵電池:3.7V専用リチウムイオン電池
  • 動作時間:約9時間 ※使用環境によります
  • 動作温度範囲:0 ~ 40℃
  • 充電時間:約4時間30分 ※使用環境によります
  • 充電温度範囲:5 ~ 35℃
  • 外形寸法:H44.2×W96.1×D122.8mm
  • 質量:約392g
  • 付属品:
    • ACアダプター
    • ACアダプター用プラグ
    • USBケーブル

※本製品を運用するには別売のaudio-technica社製レシーバー、グースネックマイクロホンが必要です。

ATW-T1006J_00

デジタルワイヤレス─SYSTEM10とは

オーディオテクニカは、サマーソニックやグラミー賞といった音楽の祭典からオリンピックなどの国際的なスポーツイベント、官公庁や企業の会議室に至るまで、プロフェッショナルな現場での業務用ワイヤレスシステムの経験を長年に渡って、蓄積してきました。SYSTEM10は、その確かな技術と豊富な知識が惜しみなく注ぎ込まれた、オーディオテクニカ初のデジタルワイヤレスシステムです。

発売日

2016年4月15日

販売価格

ATW-T1007J
(税抜)¥36,000 (税込 ¥38,880)
JANコード:4961310133542

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ