2ノート・パラフォニック・アナログ・シンセサイザーの限定バージョンMoog SUB 37 Tribute Edition

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Moog SUB 37 Tribute Edition

Moog(モーグ)社が2ノート・パラフォニック・アナログ・シンセサイザーの限定バージョン Moog Sub 37 Tribute Edition を発売します。

SUB 37 Tribute Edition は数々の賞を受賞したSub Phattyの音源システムを内蔵した2ノート・パラフォニック・アナログ・シンセサイザーの限定バージョンです。パネル上には40個のノブ、74個のスイッチを装備し、さらにLCDを活用した複雑な音作りが可能な上、ライブ・パフォーマンスでも直感的でクイックなコントロールが行えます。

主な特徴

  • モノフォニック(単音)またはデュオパラフォニック(2音:フィルターは共通)の2モードを内蔵
  • 37鍵ベロシティ、アフタータッチ付きキーボード ・ ソースとデスティネーションを自在にアサインできる2系統のモジュレーション・バス
  • DAHDSR(ディレイ、アタック、ホールド、ディケイ、サスティン、リリース)エンベロープを装備(ループ、シンク可能)
  • 256種類のプリセットをメモリー可能(16プリセット×16バンク)
  • シンク可能なアルペジエイター、ステップ・シーケンサーを内蔵
  • Moog伝統のレゾナンス付きラダー・フィルターを装備(マルチドライブ内蔵、フィルター・スロープ設定可能)

SUB 37 Tributeは、パネルにボブ・モーグのサインが入り、木製側板、アルミ押し出し材によるバックパネルを装備しています。

SUB 37 Tributeは、Moog Musicの創業者であるロバート・モーグ博士、そして博士の教育に注いだ情熱や音楽への愛情をトリビュートした限定バージョンのアナログ・シンセサイザーです。SUB 37 Tributeによる収益の一部は、Moog Music本社の所在地である米ノースカロライナ州アッシュビルの音楽教育プログラムに拠出されます。

MG SUB 37 TRIBUTE EDITION

発売日

2015年3月27日

販売価格

(税抜)¥160,000 (税込 ¥172,800)

JANコード:4959112134324

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ