Beats by dr dre ” Studio Wireless “に新色レッド&タイタニウム登場

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品は生産終了となりました

studio-wireless-titaniustudio-wireless-red

デザイン、機能音質を進化させた新しいBeats Studioのワイヤレスバージョン” Studio Wireless ” からレッドとタイタニウムが登場します

Beats by Dr. Dre Beats Studio

ワイヤレス オーバーイヤー・ヘッドフォンの主な特徴

Beats Acoustic Engine(BAE)搭載

Beats が独自に開発した DSP(デジタル・サウンド・プロセッサ)、Beats Acoustic Engine (ビーツ・アコースティック・エンジン)を搭載。これこそが Beats サウンドと言える音質を実現しました。

さらに軽く、さらに強く、さらに快適に

新しい Studio の開発にあたり、合理的かつ流線型で美しく、快適にフィットするデザインを追求しました。

より軽量ながら耐性が向上した柔軟な素材を採用し、洗練された曲線を維持するためにネジをすべて隠すように設計。また、人間工学に基づいたシングル・フローティング・ピヴォット機構によりどんな頭の形にでも最適にフィットします。

世界をミュートに

目的に応じてモードを切り換えられるアダプティヴ・ノイズ・キャンセレーション(ANC)機能を搭載。音楽を聴く際には音質を損なわないようにノイズ・キャンセレーションが制御され、周囲の雑音に影響されずに音楽をお楽しめます。そして音楽を聴かず、ただ電車や飛行機、周囲の騒音を気にせずに集中したいときはヘッドホン・ケーブルを抜いて電源を入れると ANC が最大に働き、あたりを静寂にしてくれます。

長時間再生を可能にする内蔵バッテリー

20時間の連続再生が可能な充電式リチウム・イオン電池を内蔵しているので、時間を気にせず音楽を楽しめます。(ケーブル接続で20時間、ワイヤレスで12時間のプレイが可能)付属電源アダプターもしくはUSB経由で充電可能。さらに、イヤーカップ底部にあるLEDフューエル・ゲージで電池残量が一目でわかります。

その他の機能

イヤーカップには、音楽再生、停止、曲送り、曲戻し、音量調整ができるコントロールボタンを装備。

付属のケーブルを接続すれば有線のヘッドフォンとしても使用できます。

【関連記事】beats by dr dre Beats Studio Wirelessまもなく発売!

0009

「Beats Studio Wireless」の製品仕様

  • 通信方式 :対応 Bluetooth 標準規格 Ver.4.0 ■使用周波数帯域 : 2.4GHz 帯
  • 対応 Bluetooth プロファイル A2DP/AVRCP/SDP/ DID/HFP/GAVDP
  • 対応コーデック AAC/SBC
  • 形式:ダイナミック密閉型 ■ 重量:約 270g
  • コード長:インラインリモートマイクケーブル/約 1.3m、3.5mm オーディオケーブル/約 1.3m
  • 付属品:インラインリモートマイクケーブル、3.5mm オーディオケーブル、USB 充電用ケーブル(約 0.9m)、キャリングケース、電源アダプター、カラビナ

発売日

2014年7月17日

販売価格

Studio Wireless Red / レッド(BT OV STUDIO WIRELS RED)(MH8K2PA/B)
(税抜)¥37,800 (税込 ¥40,824) 価格改定:(税抜)¥36,800 (税込 ¥39,744)
JANコード:0848447009275 4547597908884 4547597954805


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

Studio Wireless Titanium / チタン(MHAK2PA/B)BT OV STUDIO WIRELS TI(MHAK2PA/A)
(税抜)¥37,800 (税込 ¥40,824) 価格改定:(税抜)¥36,800 (税込 ¥39,744)
JANコード:0848447010295 4547597909140 4547597954874


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

Studio Wireless その他のカラー

「ヘッドホン」タグの関連記事

↑ページトップ