【今さら聞けない用語シリーズ】MIDIとオーディオの違い

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

MIDI_AUDIO_70

年季入ってます(SC-88Pro)

MIDIって時代遅れのもの?

こんにちはサカウエです。DTMの世界ではよく「MIDI(ミディ)」という言葉を耳にすると思います。またMIDIキーボード、MIDIコントローラー、MIDIインターフェースといった製品も見かけますね。でも実際のところ MIDI については意外と知られていないことも多いのではないのでしょうか? (昔はネットでダウンロードできる音楽データの事をMIDIと読んでいる方もおられるようです・・)

現代でも MIDI なくしては成立しない音楽制作スタイルもあるのですが、では一体MIDIとはいったい何なのか?ここでおさらいしておきましょう~

音楽データにはオーディオとMIDIがある

DAWを使って音楽を作る場合、ここで扱う素材には大きく分けて「オーディオ」と「MIDI」データがあります。最終的にはすべてが「音」として組み合わされて音楽になるわけですが、この両者はまったくもって異なるものなのです。

ではここで、Steinberg (スタインバーグ)のDAW(音楽制作ソフト)であるCubaseで扱うデータを覗いてみましょう。

こういう画面をよく見かけますね。

MIDI_AUDIO_1

ここで見えるのが各種演奏データですが、カラーのトラック(データが入っている場所)にあるのがオーディオ・データというものです。ではそのオーディオ・データが入っているトラックを開いてみましょう。ちなみにこれはピアノ演奏のデータです。

MIDI_AUDIO_5

ギザギザの形になっているものが見えますが、これを「波形(はけい)」と言います。音をデジタル録音したものはこのように「波形」データとして記録されています。2本あるのは左右の区別のある「ステレオ」データだからです。普段皆さんが携帯プレーヤーで聴く音楽も「ステレオ」ですね。要は人間の両耳で聞くので2種類の信号が使われているのです。

マイク1本で録音したボーカルの波形は、基本的には下図のように1本となります。

MIDI_AUDIO_12

この1本の波形で出来ているデータは「モノラル」のオーディオ・データといいます。大部分のDAWでは、ステレオとモノラルのオーディオ・データを扱うことができますが、それらをミックスして最終的にはステレオの楽曲オーディオ・データを作成することになります。

では次にこの波形を徐々に拡大していってみましょう。

MIDI_AUDIO_11

MIDI_AUDIO_10

MIDI_AUDIO_9

MIDI_AUDIO_8

MIDI_AUDIO_7

このように波形を拡大すると「音がデジタルで記録されている」感じが何となくわかっていただけるのではないでしょうか?

このように、オーディオ・データというのは、主にギターやボーカルなどをデジタル録音した「音そのもの」なんですね。主に WAV、AIFF といったファイル形式が扱われますが、携帯プレーヤーで聴く音楽(圧縮オーディオ・ファイルの MP3 や AAC といった種類がありますね)もオーディオ・データの一種です。

というわけで

オーディオ・データ⇒音そのもの

たとえばクラシックの弦楽四重奏や、ロックバンドの演奏を全部マイクでDAWに生録音したとすると、曲データはすべてがオーディオ・データとなります。つまりこの段階ではMIDIデータは使われていないことになります。

MIDI(ミディ)とは何でしょう?

先ほどのDAWの画面をもういちど見てください。

MIDI_AUDIO_01

黄色で囲ってある場所が「MIDIデータ」が収納されている「MIDIトラック」というものです。

ではあるMIDIデータを、色々な画面で見てみることにします。なお各画面の名前はCubaseでの呼び方で、これはDAWの種類によって変わります。

キーエディタ画面で見た場合

MIDI_AUDIO_4

縦軸が鍵盤になっています。ピアノロールなどと呼ぶDAWもありますが、なんとなく音がそこにある感じといったイメージは伝わりますね。

では次にリストエディタ画面。

MIDI_AUDIO_3

数字ばかりで何がなんだかよくわかりませんが、データ自体は先ほどのキーエディタ画面のデータとまったく同じものなのです、これホント。

では最後にスコアエディタ(楽譜)画面でみてみると・・・

MIDI_AUDIO_2

いかがですか?これでやっと音楽のデータという感じがしてきましたね。

というわけでMIDIデータというものはオーディオデータとは異なり、音そのものではなく主に「演奏情報」になるのです。MIDIデータは、非常に簡単に言うと主に「どの音程の音を、どれだけの強さで、どれだけの時間、弾いたか?」という情報をデジタル化したもので「人間の演奏をデータとして記録しているもの」と考えて下さい(実際は演奏データ以外の様々な情報を扱います)。

このMIDIデータを使ってソフトシンセ(プラグインソフト)や外部のシンセサイザーなどを演奏させることができるのです。

MIDI_AUDIO_13

ということで

MIDIデータ:主として演奏情報

とりあえずオーディオとMIDIの違いがなんとなくわかっていただいたと思いますが、「演奏情報?なにそれ?」という方のために、MIDIについて、さらに詳しくご紹介していきたいと思います。


続きを読む: 1 2 3

↑ページトップ