初心者向け【今さら聞けない用語シリーズ】初めてのオーディオ・インターフェース選び

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

この記事のポイント

オーディオ・インターフェース選びは以下を参考に

  • 入出力数:何の楽器を何種類同時に録音するかで決まる
  • ボーカルだけであれば基本2ch入力で問題ない。
  • 音質は値段に比例

こんにちはサカウエです。DTM(デスクトップミュージック:パソコンを使って行う音楽制作)を始める場合に必要になる機材は何ですか?と楽器店のスタッフに質問すると、おそらく次のような答えが笑顔で返ってくると思います。

  • パソコン本体
  • DTMソフト+(ソフト)シンセなど
  • オーディオ・インターフェイス
  • MIDIキーボード
  • スピーカー(またはヘッドホン)

【関連記事】入門者向け情報特集

パソコン、ソフト、キーボード、スピーカーは馴染みのある言葉ですが、この中で唯一謎なのが「オーディオ・インターフェース」ではないでしょうか?というわけでこの耳慣れない単語オーディオ・インターフェースとは何か?そしてなぜ必要か?何を選んだら良いのか?以上をじっくりご紹介してみたいと思います。

オーディオ・インターフェースとは何でしょう?

「オーディオ=音」というのはまあOKとして問題は「インターフェース」ですね?直訳すると「接点」「境界面」といった意味になりますが、DTMの世界では主に

「コンピュータと周辺機器を接続する部分(機器)」

といった意味で使われます。つまり「オーディオ・インターフェース」は

  • マイクやギター、シンセなどの音をパソコンに取り込む(A/D)
  • 取り込んだ音を再生する(D/A)

際に必要な機器ということになります。

豆知識:ギターなどの音(アナログ信号といいます)を、パソコンで扱うことのできるデジタル信号に変換、すなわちアナログからデジタルに(AD変換といいます)変換する機能と、逆に再生するときはデジタル(D)からアナログ(A)に信号を変換する機能を持つ機器がオーディオ・インターフェースです。再生だけするもの(D/A)はDAC(ダック)、DAコンバーターなどとも呼ばれます(digital to analog converter)

しかしパソコンの中にはこんな感じでマイク入力やヘッドホン端子、スピーカーが付属している機種も多いですよね?

DSC09650

だったら「オーディオ・インターフェースなんてものは必要ないのでは?」と思う方もいらっしゃると思います。がしかし!ボイスメモ程度の音質で録音再生するだけなら、これでも十分だとは思いますが、パソコンをDTMで使用する場合はとても使えるシロモノではないのです(別にパソコンを責めているわけではなくこれは製品特性の話です)

またこれからご紹介するいくつかの理由からも「DTMにオーディオ・インターフェースは必需品」といっても過言ではないのですね。

よくあるセッティング例

vol1_img1

オーディオ・インターフェースが必要となる理由(わけ)

オーディオ・インターフェースが必要な理由には主に以下の3つがあります。

  1. 音質の改善
  2. 遅れ(レイテンシー)
  3. 入出力数

1)音質の改善

入力時

ギターやマイクの音をオーディオ・インターフェースなしでパソコンに取り込む際、マイクやギターのケーブル端子とパソコン側の入力とは形状が合いませんが、仮に変換アダプター等を使用して接続できたとしても、問題になるのが「雑音(ノイズ)」です。

パソコンに搭載されているマイク端子やヘッドホン出力端子と言うのは「会話レベルの録音ができて、簡易再生ができればOK」という最低限の機能を果たしているのが大部分。つまりSKYPE等のテレビ電話等を使用する場合のように「会話ができる程度の音質」で良いならオーディオ・インターフェースは必要ありません。

しかし、音にこだわるDTMの場合は、これでは全く使い物にならないのです。パソコン本体から発する「ジー」「ザー」といったノイズが混入したり、そもそもDTMソフトに音を取り込む際の音質は、オーディオ・インターフェースの有無で全く次元が異なるものになってしまうのです。

出力時

DTMソフトだけでなく、iTunesやCDの音をパソコンから出力する場合も、ノイズに悩ませられたり、音質の劣化といった問題が生じます。これは「デジタル信号を音としてアナログ信号に変換する」機能の品質精度・性能がパソコンとオーディオ・インターフェースでは全く異なるからです。「餅は餅屋」という言葉がありますが、まさにこのことですね。

2)遅れ(レイテンシー)

ギターやマイクの音をパソコンに取り込む過程では、音そのものである「アナログ信号」をパソコンで扱うことの出来る「デジタル信号」に変換しています。

【関連記事】【今さら聞けない用語シリーズ】デジタルとアナログ、サンプリングって何?

【今さら聞けない用語シリーズ】レイテンシーとバッファサイズ

DTMソフトでは、ソフトシンセ(楽器)や(エコーなどの)プラグイン・エフェクトを使って音楽を作り、ボーカルをミックスするといった編集を行うことができます。こうした録音、編集、シンセの演奏といった一連の過程のウラでは、CPUを筆頭としてパソコン全体がデジタル処理という「仕事」をせっせせと行っているのですが・・・しかし人間同様、仕事量には限度というものがあります。

でこの限度を超えた時、何が起きるか?というと

  • 音が遅れる・・たとえばMIDI鍵盤を弾いてシンセが鳴るまでに時間差が生じる⇒演奏できない
  • 音が歪む・・オケを再生するとバリバリといったノイズが出る
  • パソコンが止まる(フリーズ、ドロップアウトする)・・・

等々・・楽しくないことばかりです。しかし、こんなときオーディオ・インターフェースがあれば、音処理に対する作業は専門家のオーディオ・インターフェースがやってくれます。これでパソコンの負荷は軽減され症状はかなり緩和されることになるでしょう。

この様にオーディオ・インターフェースを使用することで劇的にパソコン上の音楽制作は快適になるのです。

3)入出力数

入力数

これは比較的理解しやすいでしょう。まずは同時にいくつの入力が必要か?ということ。マイク1本だけしか使わないのであれば、オーディオ・インターフェースの入力は1つで良いですね。この時マイク入力端子がフォーンタイプの他XLRタイプ(写真下)に対応していると音質面では有利になります。

DSC09651

またボーカル録音に使われるコンデンサマイクを使用する際は「ファンタム電源」を供給できるオーディオ・インターフェースを使用することが必要です。上の写真で「+48V」と書いてあるのがそれ。パソコンにはこんなもの無いですからね。

もしドラムの録音のように数本のマイクを使用して音を収録する場合は、当然マイク入力数が1,2個では足りません。こうした複数チャンネル入力に対応したオーディオ・インターフェースが必要になります。

UR824-page-view

数台のシンセサイザーを音楽制作で使用するケースでは、オーディオ・インターフェースの入力が2つしか無い場合、録音する機種を変更するたびに毎回ケーブルをつなぎ変えなくてはなりません。しかしもし入力が8の場合、シンセ4台(それぞれステレオ出力)でも全部オーディオ・インターフェースにつないでおき、ソフト側で録音するものをその都度選択することができるので非常に効率的です。

all2-1024x703

古い音源ばかりで恐縮です(INTEGRA-7除く)。

出力数

ライブなどでDTMソフト側で複数の出力を行い、ミキサー等でそれぞれをコントロールするといった場合では、やはり2つでは足りないので多チャンネル出力のモデルが必要になるでしょう。よくあるのがライブ中「クリック音(通称:ドンカマ)」を観客側のスピーカーからは出さずにドラマーだけが聞けるようにしたい・・といったケースですね。

オーディオ・インターフェースの選び方

オーディオ・インターフェースは用途や目的によってさまざまなタイプの製品が発売されています。お値段は性能や品質によって数千円~数十万といった差がありますが、一体何を選んだらよいか悩みますよね?

そんなわけでここではみなさんの音楽スタイル・ご予算に応じたオーディオ・インターフェース選びのヒントをご紹介したいと思います。

選び方のチェック・ポイントは以下のとおり

  • 入出力数・端子
  • 音質
  • パソコンとの接続方式

入出力数・端子

前述のとおり、ギター、ボーカル、ベース・・のように何を録音するかで必要な入力数が決まってきますが、入力端子の形状も重要です。コンデンサマイクを使うのであればマイク入力はXLR(キャノン)は必須。ファンタム電源に対応しているかも要チェック。

DSC09651

上記の機種は「XLR」と「標準フォーン(一般的なシールドで使用されています)」が共有して使える「コンボジャック」と呼ばれる入力端子です。このタイプであればマイク、シンセ、ギター、ベース等を接続して使用することができます。

※楽器と接続するケーブルの種類についてはこちらの記事をお読みください⇒【今さら聞けない用語シリーズ】オーディオ・ケーブルの種類とバランス・アンバランス接続

HI-Z入力

なおギターやベースを接続する際は「インピーダンスをあわせる」ということをしなくてはなりません。ここで「インピーダンス」に関してはの説明は割愛しますが、オーディオ・インターフェースが「HI-Z入力」に対応しているかチェックしましょう。HI-Z入力に対応していない入力端子に直接ギターを接続した場合、録音自体は可能ですが、正しい音質で録音することができません。

「インピーダンス」に関してはこちらの記事をお読みください⇒【今さら聞けない用語シリーズ】インピーダンスって何でしょう? ロー出しハイ受け?

下記のsteinberg(スタインバーグ)社製「UR22」という機種の場合では、「HI-Z」スイッチをONにすることでINPUT2にギター、ベースを直接接続して録音することが可能です。

DSC08340-500x155

同じく同社の「UR-44」という機種では1と2のフォーン入力がHi-Z入力となっています。 RTEmagicC_UR_front_with_drops_05.png


続きを読む: 1 2 3

↑ページトップ