【今さら聞けない用語シリーズ】3分でわかる!インピーダンスって何でしょう? ロー出しハイ受け?

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

この記事のポイント

  • インピーダンスは「交流抵抗」
  • 2つの機器を接続する際は「ロー出しハイ受け」

インピーダンスって何?

こんにちはサカウエです。ギター、ベース、キーボードを演奏する方はぜひ知っておいたほうが良いもの・・それが「インピーダンス」・・でもこれが意外と曲者なんですね。

電子楽器、マイク、エフェクター、アンプ、ミキサー同士をケーブルで接続して演奏や録音をする際、この「インピーダンス」を知っているかそうでないかによって、実は出音に大きな違いが生じてしまうこともあるのです・・・というわけで今回は「インピーダンス」についてです~

【関連記事】音の基本知識 音とはなんでしょう?

楽器と機材を接続する際に重要なこと「インピーダンスを合わせる」

インピーダンスとは「交流抵抗」と呼ばれますが、そもそも「抵抗(レジスタンス)」とはその名の通り何かに「たてつく」わけで、ここでは「抵抗」が大きいと「電流が流れにくく」なると考えてください。

なお抵抗の単位は「Ω(オーム)」です。100Ωより1KΩ(キロオーム)のほうが電流は流れにくい・・ということになりますね。(1K=1000)

電気の流れとは電流のことですが、電気の信号には交流と直流があるのはご存知かと思います。家庭用コンセントは交流(AC)、乾電池は直流(DC)。そしてAC/DCはオーストラリアのロックバンドです・・・

交流は時間とともに向きが変化する電流のことで、0を隔ててプラス(+)とマイナス(-)側を行ったり来たりする以下の様なイメージですね。

Simple_harmonic_motion

オーディオ信号は交流電流ですが、交流電流における抵抗を「インピーダンス」といいます。

法則関連(この部分はスルーOKです)

電力、電圧、電流、抵抗については以下の公式が有名です。※あえて単位で表記します

公式1「電力(W)=電圧(V)✕電流(A)」

公式2「電圧(V)=電流(A)✕抵抗値(Ω)」 =「抵抗(Ω)=電圧(V)÷電流(A)」

こーゆーの昔習った・・ような気がしませんか?(実際はV、R、Iです)・・オームの法則

VRI

例えば同じ10Wの電力を送る場合でもいろいろな方法が考えられます。

A)100V(ボルト)、0.1A(アンペア)で転送する場合 (100V✕0.1A=10W)

この時のインピーダンスは:1000Ω

B)10V、1Aで転送する場合 (10V✕1A=10W)

この時のインピーダンスは:10Ω

音響機器を使用する場合、電圧が高いほうが効率が良いので、上記の例ではA)・・・すなわちインピーダンスが高いほど電圧が高く取れるのです。ところがインピーダンスが大きくなればなるほど今度は「ノイズを拾いやすい」という特性があるのですね。

つまり

ハイインピーダンスは効率的だがノイズに弱い

ということになります。

インピーダンスを水の流れに例えてみる(イメージ)

さてホースで水を流すことを考えてみましょう。

ハイインピーダンスは「太いホース」~威勢よく水が出てきますが、ゴミ(ノイズ)も多いです

ホース大

ローインピーダンスは「細いホース」

太いホースと同じ量を放水するには水圧が必要ですが、ゴミが少ないです

ホース小

というわけで少々無理のあるたとえかも知れませんが、あくまでイメージということでご容赦ください。

ともかく「ハイインピーダンスは効率的だがノイズに弱い」のです。もう一度復習しましょう・・

インピーダンスが

  • 高いと:ノイズに弱い
  • 低いと:ノイズに強い

以上覚えておきましょう。絵が下手ですみません。

以降のページではインピーダンスマッチングについて

続きを読む: 1 2

↑ページトップ