初心者向け DTM のすゝめ 003 オーディオ・インターフェース

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

オーディオ・インターフェースとは?

こんにちはサカウエです。ここではオーディオ・インターフェースについてご紹介します。

この記事のポイント

オーディオ・インターフェースがあれば、

  • ノイズが減る(音がよくなる)
  • 遅れ(レイテンシ)が小さくなる
  • 良い音でギターやボーカルを録音できる

ギターやボーカルをDAWソフトを使ってパソコンに録音することを考えてみましょう。この際、ギターやボーカルの音(アナログ)は(デジタル)データに変換されパソコンに記憶されます。逆に音をパソコンから出力する場合は、データ(デジタル)を音(アナログ)に変換しています。 この変換を行うのがオーディオ・インターフェースの役割です。

【関連記事】【今さら聞けない用語シリーズ】初めてのオーディオ・インターフェース選び

インターフェイス機能はパソコン本体にも内蔵されていますが(ヘッドホン端子なども同様)、楽曲制作で使用するには性能が低く、「ノイズが混じる」「音が遅れて聞こえる(遅れをレイテンシと言います)」等の不具合が起こるため、音楽専用のインターフェイスが必須になります。

ソフトシンセの音を始め、DAWソフトに録音されたオーディオ信号は最終的に、オーディオ・インターフェースから出ることになります。したがって音質にもこだわりたいところですね。

 オーディオ・インターフェースの選び方

以下の3点が重要です。

1)パソコンとの接続方法

2)入出力数

3)音質

オーディオ・インターフェース選ぶ上で重要なのがまずパソコンとの接続方法。

USB、FIREWIRE(IEEE1394)、Thinderbolt、PCIといった様々な接続端子があります。

次に入出力の数、楽器やマイクと接続する際の端子の種類。例えばエレキギターとボーカル(マイク)を同時録音するなら、ギター用のシールドを繋ぐ標準フォ-ン端子とマイク用にXLR(キャノン)端子が一つ必要になります。

本格的に生のドラムを録音するといった場合はシンバルやスネア、バスドラムに個別にマイクを用意する必要がある為、8系統以上の入力端子が必要になる場合もあります。

vol3_img1

音質ですが、これは部品や回路の質といった物理的な品質に依存する場合が多いので、少々乱暴ですが「価格と音質は正比例する」と考えて良いでしょう。

「24bit192KHz」対応といった表記をご覧になったことがあると思います。この数字は「ビット深度とサンプリングレート」といって簡単に言うとデジタル化する際の細かさ=データ量で、細かければ細かいほど「高音質」になります。すなわちbitもkHzも数字が大きいほど「高音質」になると思って良いでしょう。ただしその分データ量も増えますのでパソコンの高い処理能力が必要になります。

【関連記事】

【今さら聞けない用語シリーズ】デジタルとアナログ、サンプリングって何?

【今さら聞けない用語シリーズ】初めてのオーディオ・インターフェース選び

高級オーディオ・インターフェースはこうした高サンプリングレート、ビット深度にも対応しています。

オーディオ・インターフェース機能付きキーボード

シンセサイザーやMIDIキーボードの中にはオーディオ・インターフェース機能を持った機種もあります。ボーカルマイクやギターを使わないのであれば、パソコンと接続するだけでソフトシンセ等を使用した音楽制作が可能になります。(ヘッドホンまたはアンプ&スピーカーが別途必要となります)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

数千円と20万円のオーディオ・インターフェースが同じ音になることはありえません。高額なオーディオ・インターフェースにはそれなりの理由があります。一方、場合によっては宝の持ち腐れになることだってあるのです。いずれにせよ自分の目的にあったベストな選択をしたいものですね。

音質に関してはスペックだけでなく、お店で実際に音の違いを体験していただきたいと思います。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】

「音楽制作入門」タグの関連記事

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ