【録れコン2017】リプロダクションレポート

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

2017年7月24日(日)録れコン2017グランプリ受賞作品「Sweet Lullaby」(odasis)のリプロダクションが、東京港区芝公園にあるレコーディングスタジオ「Sound City」Annex T1 Studioにて行われました。グランプリ受賞楽曲「Sweet Lullaby」が、プロの手によってどのように変化していくのか、画像・動画を交えてお届けいたします。

録れコン、リプロダクションとは全国の音楽ユーザー、パーソナル・クリエイター、プレイヤーが制作した渾身の楽曲で日本一を競い合う、国内最大級の録音作品のコンテスト。録音された楽曲を通じて演奏技術・アレンジ能力・オリジナリティーなどを競います。

リプロダクション」とは?

プロのエンジニアに協力いただき、プロの現場や機材、スタッフを体験しながら、「録れコン・グランプリ受賞曲」をリプロダクツ(リミックスなど)します。グランプリ受賞作品が決まった段階で受賞者の方と相談しながら、どういう方向でどんな方達と創っていくかを決めていきます。作品CDは全国の島村楽器で販売されます。

グランプリ受賞楽曲「Sweet Lullaby」が、プロの手によってどのように変化していくのかお届けいたします。

パーソネル

  • アーティスト:odasis 氏
  • エンジニア:鎌田岳彦 氏・中澤智 氏
  • パーカッション:岡部洋一 氏

1.準備編

01.打ち合わせ

グランプリ特典である『リプロダクション』を実施するにあたり、何をすれば「Sweet Lullaby」がより良くなるかをエンジニアの鎌田氏・中澤氏、録れコン事務局が本人の要望を聴きながら事前に打ち合わせます。

総合的に検討した結果、今回のリプロダクションは、特にメインであるアコースティックギターのグルーブはそのままで、そこに合わせられるプロのパーカションプレイヤーにレコーディングをお願いするという方向でまとまり、当日の流れがほぼ決定しました。

  1. パーカッショントラックの追加
  2. ギタートラック・ヴォーカルトラックなどの全音源データの修正
  3. プロエンジニアによるミックスダウン

※リプロダクションの方向性決定までのプロセスは、レポートの終わりにodasis氏、エンジニア鎌田岳彦氏、エンジニア中澤智氏のコメントがありますので、そちらをご参照ください。

今年のリプロダクションどのようになるのでしょうか?

(写真:前列左より odasis氏、エンジニア – 鎌田岳彦氏、写真 後列 録れコン事務局 – 小久保、エンジニア – 中澤 智氏、アシスタント・エンジニア – 青木礼門氏)

02.リプロダクション当日

7月24日(日)11時、「Sound City」Annex T1 Studioに到着。目の前には東京タワー!

現場は東京タワーのすぐ前のビルの地下1階に構えるスタジオです。

メインフロアに加え、2つのブースを有し、3リズム、ストリングスダビングからヴォーカルダビングまで、幅広い録音作業に対応。 コンソールにSSL4000Gを備え、ヤマハセミコンサートピアノを常設。占有ラウンジを有し、落ちついて録音に取り組むことの出来る環境です。

数々の有名な楽曲がこのスタジオでレコーディング、ミックスされてきました。細部まで妥協なくチューニングされたモニター環境により、作品をしっかりと確認することができます。

こんな贅沢なスタジオで行われるリプロダクション。トッププロが使用するレコーディングスタジオでプロのプレイヤー、エンジニアによって「Sweet Lullaby」が変貌していく様子をぜひ一緒にお楽しみください!

続きを読む: 1 2 3 4

↑ページトップ