ローランド定番インターフェース UA-55 UA-33 UA-22 セール!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Roland ( ローランド ) のUSBオーディオ・インターフェース「QUAD-CAPTURE UA-55」「TRI-CAPTURE UA-33」「DUO-CAPTURE EX UA-22」を数量限定で最大53%オフの特別価格にて販売いたします。

【キャンペーン対象製品】

キャンペーン販売価格

UA-55
通常販売価格:(税抜)¥21,417 (税込 ¥23,130)
限定販売価格:(税抜)¥15,640 (税込 ¥16,891)
JANコード:4957054500757


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

UA-33
通常販売価格:(税抜)¥14,100 (税込 ¥15,228)
限定販売価格:(税抜)¥7,380 (税込 ¥7,970)
JANコード:4957054500474


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

UA-22
通常販売価格:(税抜)¥12,150 (税込 ¥13,122)
限定販売価格:(税抜)¥11,000 (税込 ¥11,880)
JANコード:4957054502980


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

対象製品の概要

ローランド QUAD-CAPTURE UA-55

UA-55

DTMユーザーから定番として高い支持を集めるオーディオインターフェースです。

「UA-33」との違い
オーディオ質が異なります。サンプリング解像度も192kHzまで対応し、再生の質も異なるため上位機種のクオリティとなります。また”VS STREAMING”が採用されていてこれは高音質になるだけでなく、レイテンシーを低く抑えるとともに安定度を高めます。さらに、入力レベルの自動調整が可能なAUTO SENS機能、歌や声の収録には欠かせないコンプレッサー機能、ゲート機能など搭載しているのも特徴です。「UA-33」では、生放送に最適なLOOP BACK機能がありますが、「UA-55」ではこれを代用できるステレオミキサーアウトがあります。よって全体的に高機能といえます。

「UA-22」との違い
オーディオ質が異なります。サンプリング解像度も192kHzまで対応し、再生の質も異なるため上位機種のクオリティとなります。また”VS STREAMING”が採用されていてこれは高音質になるだけでなく、レイテンシーを低く抑えるとともに安定度を高めます。さらに、入力レベルの自動調整が可能なAUTO SENS機能、歌や声の収録には欠かせないコンプレッサー機能、ゲート機能など搭載しているのも特徴です。ただし、「UA-22」は単三乾電池、ACアダプター(別売)の電源方式を採用していますが、「UA-55」はUSBバスパワーのみになるためiPadのレコーディングには「UA-22」が向いております。

  • マイク入力端子に広いヘッドルームと、クリアなサウンドを実現するVS PREAMPを搭載
  • 低レイテンシーとクリアな音質、システムの安定動作を実現するVS STREAMINGを採用
  • コンプレッサー、ロー・カット、位相反転など可能なコントロールエディター
  • 楽器の音量を解析して最適な入力レベルを自動設定するAUTO SENSを搭載
  • コアキシャルのデジタル入出力を装備
  • グランド・ループによるノイズを回避するグランド・リフト機能を装備
オーディオ録音再生
チャンネル数
録音/再生:4 チャンネル
※192kHz の場合は2 チャンネル
サンプリング周波数 192kHz、96kHz、48kHz、44.1kHz
※DIGITAL(IN/OUT):96kHz、48kHz、44.1kHz
接続端子 INPUT 1、2 端子(XLR タイプ、TRS 標準タイプ)
PHONES 端子(ステレオ標準タイプ)
OUTPUT L、R 端子(TRS 標準タイプ(バランス))
COAXIAL IN 端子
COAXIAL OUT 端子
MIDI OUT、IN 端子
USB 端子(USB B タイプ)
電源 USB 端子から取得(バス・パワー)
外形寸法 184.6(幅)×133.9(奥行)×44.3(高さ)mm
質量 570g(本体のみ)

ローランド TRI-CAPTURE UA-33

UA-33

DTMユーザーから定番として高い支持を集めるオーディオインターフェースです。

「UA-22」との違い
サンプリング解像度は96kHzまで対応しておりオーディオの質が異なります。ただし、”VS PREAMP”を搭載していないため録音の質を比べると甲乙つけがたいところです。「UA33」の最大の特徴はLOOP BACK機能です。これは、パソコン上の音を再生しつつ声や歌を同時に収録できるため、生放送する場合や実況などの動画を作成するときに便利といえます。また、3系統の入力があるのもさまざまな用途に対応できます。「UA-22」は単三乾電池、ACアダプター(別売)の電源方式を採用していますが、「UA-33」はUSBバスパワーのみになるためiPadのレコーディングには「UA-22」が向いております。

  • ミキサー・スタイルのオーディオ・インターフェース
  • マイク・プリアンプ内蔵&ファンタム電源にも対応するマイク入力
  • マイク接続可能なXLR端子、ギターやベースを接続可能な標準フォーン端子、電子楽器を接続可能なRCA端子を装備
  • MIC/GUITAR、ALL INPUTS、LOOP BACKの3つのレコーディング・モードを装備
オーディオ録音再生
チャンネル数
録音/再生:1 系統ステレオ
※ ALL INPUTS と LOOP BACK モードではすべての入力を 1 系統ステレオにミックスします。
サンプリング周波数 96、48、44.1kHz
96kHz を選んだときには、同時に録音と再生はできません。また録音と再生を切り替えたときにはアプリケーションを終了し、USB ケーブルを抜き差ししてください。
接続端子 INPUT1 (MIC) 端子(XLR タイプ(バランス)
INPUT2 (GUITAR) 端子(標準タイプ)
INPUT3 (AUX) 端子(RCA ピン・タイプ)
OUTPUT 端子(TRS 標準タイプ(バランス))
PHONES 端子(ステレオ標準タイプ)
USB 端子(USB Type B)
電源 USB 端子より取得
外形寸法 171(幅)×134(奥行)×40(高さ)mm
質量 320g(本体のみ)

ローランド DUO-CAPTURE EX UA-22

UA-22

  • マイク入力端子に広いヘッドルームと、クリアなサウンドを実現するVS PREAMPを搭載
  • 持ち運びができる頑丈さとノイズの原因となる電磁波などを遮断する堅牢なアルミニウム・ボディを採用
  • iPad用のオーディオ/MIDIインターフェースとして利用可能(※1)
  • USBバスパワー、電池駆動(単三乾電池×3)やACアダプター駆動(別売)の3電源方式に対応。

※1:別途、Apple Camera Connection Kitが必要です。対応するiPadの動作確認はこちら

オーディオ録音再生
チャンネル数
録音/再生:2 チャンネル
サンプリング周波数 48kHz、44.1kHz
接続端子 INPUT 1、2 端子(XLR タイプ、TRS 標準タイプ)
PHONES 端子(ステレオ標準タイプ)
OUTPUT L、R 端子(TRS 標準タイプ(バランス))
MIDI OUT、IN 端子
USB 端子(USB B タイプ)
DC IN 端子
電源 USB 端子から取得(バス・パワー)
アルカリ電池または充電式ニッケル水素電池( 単 3 形 )×3
AC アダプター(別売)
※[COMPUTER / TAB]スイッチ =TAB…電池駆動又はAC アダプターのみ
外形寸法 153(幅)×119(奥行)×47(高さ)mm
質量 460g

「roland」タグの関連記事

↑ページトップ